⇒#1@反応;

水素の酸化還元



酸化還元反応

text:
xml(MathML) :
html :   2H+ + 2e- ↔   H2Eº = 0V
酸化還元電位=0

水素電極電極電位EVの基準実際に反応が起こるには過電圧が必要です

物理量標準電極電位EV

関連講義
無機分析化学応用実験,析出物質による過電圧の違い1)
無機分析化学応用実験,ダニエル電池の作成と単極電位の確認2)
卒業研究-電気化学2004,ガルバーニ電池とボルタ電堆3)

https://edu.yz.y…



特になし > 電池の起 > 分解電圧 > 析出物質による過電圧の違い,分解電圧 ~速度論的取り扱い
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).

特になし > 電池の起 > 電池の起 > 銀|塩化 > ダニエル電池の作成と単極電位の確認,銀|塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ガルバーニ電池とボルタ電堆,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1800).

(1特になし > 電池の起 > 分解電圧 > 析出物質による過電圧の違い,分解電圧 ~速度論的取り扱い
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).
(2特になし > 電池の起 > 電池の起 > 銀|塩化 > ダニエル電池の作成と単極電位の確認,銀|塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).
(3緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ガルバーニ電池とボルタ電堆,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1800).

化学式

  1 熱化学方程式
反応熱 説明 注目する化学種
(係数1)
反応熱 化学反応で発熱したり吸熱したりする熱
生成熱 化合物1molがその成分元素の単体から生成するときの反応熱。
燃焼熱
中和熱
溶解熱
融解熱(凝固熱)
蒸発熱(凝縮熱)
昇華熱

  2 三極式セル での 参照極 の種類と 標準酸化還元電位
備考
銀|塩化銀電極 AgCl + e- ↔   Ag + Cl-Eº = 0.2223V* 温度Cl-濃度依存
水銀|塩化水銀電極 Hg2Cl2 + 2e- ↔   2Hg(l) + 2Cl-Eº = 0.26816V * 温度Cl-濃度依存
水銀|酸化水銀電極 HgO + H2O + 2e- ↔   Hg(l) + 2OH-Eº = 0.0977V * アルカリ用(アルカリ電池の研究、粘土分散液の研究)、温度、OH-濃度に依存
水銀|硫酸水銀電極 Hg2SO4 + 2e- ↔   2Hg(l) + SO42-Eº = 0.613V * 酸性用(鉛電池の研究、二酸化マンガンの電解合成の研究)、温度、SO42-濃度に依存
4.6. 参照電極, 89
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法 . 技報堂出版,1984-1-1 ( 参照 2021-6-29 ) .
BAS 1 )

酸化還元電位

  3  酸化還元電位
電極反応 電位
/ V
( E T ) th
/ mV/K
( E T ) isoth
/ mV/K
2H2O + 2e-  →    2OH- + H2 -0.8285 0.037 -0.834 アルカリ性
H+ + 2e-  →    H2 0.000 0.871 0.000 酸性
O2 + 2H2O + 4e-  ←    4OH- 0.401 -0.809 -1.680 アルカリ性
O2 + 4H+ + 4 e-  ←    2H2O 1.229 0.025 -0.846 酸性

電気化学測定で、 電位 は、平衡の 測定 データです。


  4 *  化学式の表現
化学種 式の種類
水素 元素記号 H
分子式 H2O
電子式 H:O:H
示成式 H-O-H
構造式 H-O-H
水素分子 分子式(化学式) H2
硫酸アルミニウム 組成式(化学式) 3Al2(SO4)3
炭酸イオン イオン式(化学式) CO32-
アルミン酸イオン イオン式(化学式) [Al(OH)4]-
蛍光体 賦活 (Cr,Ca,Ba,Mg)5(PO4)3Cl:Eu3+
クレーガー=ビンクの表記法 ショットキー欠陥 null⇔2VAl'''+3VO・・
クレーガー=ビンクの表記法 フレンケル欠陥 OO×⇔Oi''+VO・・
ダニエル電池 電池式 Zn | Zn2+ || Cu2+ | Cu

化学式には、組成式、構造式、示性式、電子式などがあります。 デジタル情報としては、 SMILES記法などがあります。 また伝統的なファイル形式として、mol形式などがあります。 XML形式としては、CML形式などがあります。


参考文献



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Reaction.asp?nRedoxID=1

🎄🎂🌃🕯🎉
山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.