HOME 教育状況公表 令和4年5月23日
⇒#249@材料;

🏞 リチウム


材料】リチウム⇒#249@材料;

リチウムの大綱となる 材料は、金属です。

  1 材料の諸元
項目 内容
名称 リチウム
危険性

リチウムは世界生産量25000トンのうち14000トン日本で消費している2007年推定レアメタルを守れ1)

2)

リチウム過塩素酸リチウムプロピレンカーボネート酸化マンガン炭素材料

危険物第3類

リチウム:Li<->Li(+)

  Li+ + e- ↔   LiEº = -3.045V
(反応-183)

K<->K(+)

K<->K(+)
(反応-181)

Ca<->Ca(2+)

Ca<->Ca(2+)
(反応-76)

Na<->Na(+)

  Na+ + e- ↔   NaEº = -2.714V
(反応-222)

マグネシウムMg<->Mg(2+)

  Mg2+ + 2e- ↔   MgEº = -2.356V
(反応-189)

アルミニウムAl<->Al(3+)

  Al3+ + 3e- ↔   AlEº = -1.676V
(反応-31)

Zn<->Zn(2+)

  Zn2+ + 2e- ↔   ZnEº = -0.7626V
(反応-3)

Fe<->Fe(2+)

  Fe2+ + 2e- ↔   FeEº = -0.44V
(反応-139)

Ni<->Ni(2+)

Ni<->Ni(2+)
(反応-228)

Sn<->Sn(2+)

Sn<->Sn(2+)
(反応-354)

Pb<->Pb(2+)

Pb<->Pb(2+)
(反応-281)

H2⇔H(+)

  2H+ + 2e- ↔   H2Eº = 0V
(反応-1)

Cu<->Cu(2+)

  Cu2+ + 2e- ↔   CuEº = 0.34V
(反応-125)

2Hg<->Hg2(2+)

2Hg<->Hg2(2+)
(反応-161)

Ag<->Ag(+)

  Ag+ + e- ↔   AgEº = 0.7991V
(反応-27)

Pt<->Pt(2+)

  Pt2+ + 2e- ↔   PtEº = 1.188V
(反応-299)

Au<->Au(+)

Au<->Au(+)
(反応-46)

物性

物性・特性
id物理量数値
507抵抗率/μΩ/cm8.55
508沸点/°C1333
509融点/°C179
510密度/kg/m³534

この 材料 リチウム の成分( 化学種

この 材料 リチウムの細目

サンプル 内部資料

  • 金属リチウム(Arで保管後3年経過)0 '
  • リチウム箔18 ' 仁科研究室(南東側)たたみ部屋グローブボックスB
  • 金属リチウム部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • 金属リチウム0 '
  • LI箔9号館 仁科研究室(9-300-3)  キャビネット(棚)の名称
  • 金属リチウム0 '
  • リチウム箔18 ' 仁科研究室(南東側)たたみ部屋
  • 金属リチウム仁科研究室(南東側)たたみ部屋
  • リチウムキャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


      2 高圧ガス容器
    高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料/製法 用途
    酸素ガス 酸素 空気 製鉄
    水素ガス 水素 LNG
    液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
    液化アンモニアガス アンモニア 空気
    液化塩素ガス 塩素 海水 電解
    アセチレンガス アセチレン 溶接
    可燃性ガス プロパン 石油 燃料
    可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス
    毒性ガス 毒性ガス
    その他のガス アルゴン

    可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=249


    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.