HOME 教育状況公表 令和3年9月21日
情報処理概論 戻る 進む 講義スライド

テキストファイルを変換しよう~表計算とBASIC~

ファイルフォルダと木構造

木構造 は、データが木のように枝分かれしている構造です。 ファイルフォルダや論文の章立ては、木構造です。 機械でファイルを検索するなどの場合は、木構造より、フラットな構造の方が検索しやすくなります。

題目
著者
目次
  1. 緒言(Introduction)
    1. 背景(Background)
    2. 目的(Aim)
  2. 実験方法 (Experimental)
    1. 準備(Preperation)
    2. 評価(Evaluation)
  3. 結果と考察 (Result and Discussion)
  4. 結論(Conclusion)
  5. 参考文献 (References)
木構造 といいます。
表の書き方 ヒヤリハット

表計算ソフト

Microsoft®Excel®に代表される表計算ソフトはもっともよくつかわれるアプリでしょう。 ほかにも kingsoftのSpreadsheetsや、 GoogleのGoogle スプレッドシートなどがあります。 中にはVBAまで動作する互換性の高いものも。でも インピーダンス の計算に使う複素数アドオンなどはやはりExcel®かも。 最近はクラウドで動作するオンラインが増えていますが、測定器などはまだまだオフライン。 これらはお互いのファイル形式を相互に読み取る機能がありますが、 測定器やその ほかの機械が必ずしも、上記ソフトの ネイティブ形式 をエクスポートできるとは限りません。 テキスト形式 の一種である CSV形式 は最も互換性の高い形式です。 ここではCSV形式を加工するテクニックを学びます。

表現のためのファイル形式の例
表現
バイナリ形式

任意のビット列

テキスト形式

文字コードのみ

ネイティブ 圧縮テキスト テキスト XML
文書 doc docx html,html5 xhtml
表計算 xls xlsx csv
図形 MWF,EMF vml svg
数式 マセマティカ TEX MathML
化学式 SMILES CML
楽譜 MIDI MML MusicXML
3D VRML X3D
画像 jpg,png
音楽 wav,mp3,wma
ビデオ mp4,mov
05.情報処理概論 07.情報処理概論

ファイル変換

データベースソフトの上にあるデータをメールソフトに移すにはどうしたらいいか? アクセスからCSV形式でエクスポートし、エクセルでインポートする。 次にエクセルからXML形式でエクスポートし、アクティブメールにインポートする。

ファイル変換とインポート・エクスポート
プログラム言語

データ/情報の再利用

ファイル変換

インポート/エクスポート

ファイルとオブジェクトストレージ

CSVファイル(カンマ-セパレーテッド-バリュー)

プログラミング言語と開発キット

情報を処理するための手順をコンピュータに与えないとコンピュータは動作しない。 手順を示した指示書のことをプログラムという。プログラムはプログラミング言語によって記述する。

languages.aspや_07に加筆しようとしましたが、書き込めない(アカウントへのクォーターゼロ?)ようです。

科学技術計算(FORTRAN, BASIC,python(パイソン))

人工知能(Lisp, F#)

事務処理(COBOL)

システム(C,C++,Rust)

オブジェクト指向言語(C++, C#, Java,python),python(パイソン)はAIや機械学習でもよく使われます.

スクリプト言語(VBAなどマクロ言語,Perl, Java Script, TypeScript

マークアップ言語(Web用のHTML, SGML, XML, TeX)

開発環境
Visual Studio, Android SDK, Android Studio, Monaca, Eclipse

クロスプラットフォームの開発環境
Monaca, Visual Studio 2015,2017がある.Visual Studio 2017は,あらゆるアプリを "Visual Studio" ひとつで開発できます.

演習:CSVファイルの入手とVBAによるHTML生成アプリ開発

1.ファイルエクスプローラーで,\\yzdn\dfs\share6\www\Public\52210\(受講年) を開く(新型コロナウィルスのため削除)

1.FTPクライアント(WinSCP)を使って,FTP接続をしてください.次に,/Public/52210/adgmp/のディレクトリを開いてください.

2._KadaiEntry52210_2021.csvファイルをデスクトップにコピーする

Excelで開発環境の準備

1. [ファイル]タブ → [オプション] → [リボンのユーザー設定]

2. 右側のウィンドウの[開発]のチェックボックスをチェック

3. [OK]をクリック

4.[開発]タブが表示された準備完了

Visual Basicでマクロを書いてみよう

1. [開発]タブ → [Visual Basic] をクリック

2. プロジェクトエクスプローラーの[VBAProject] → [Microsoft Excel Object]→[Sheet1(_KadaiEntry52210_2021.csv)]

3. プロジェクトエクスプローラーの[Sheet1(_KadaiEntry.csv)]を右クリック → [コードの表示]を左クリック

4. 下記のようなコードを記述

動作確認

1.►ボタン(Sub/ユーザーフォーム)の実行を左クリック

2.プログラムが正常に終了すると デスクトップに,EveryOne.htmlファイルが作成されます.

3.EveryOne.htmlファイルをブラウザーで開いてリンクをクリックしてみよう

BASICを使ったSVGによるグラフ表現

西暦 y / 年消費電力 P / kW1990200020102020203010.08.06.04.02.00.0 L 555.555555555556 122.819022466918 L 416.666666666666 162.316256027897 L 555.555555555556 122.819022466918 L 416.666666666666 162.316256027897米沢キャンパス全域基幹スイッチ
.山形大学の 基幹通信機器 と 建物までの通信機器 の消費電力の年代別推移
02.情報処理概論より
©2021 Kazuhiro Tachibana ,Tomohiro Ito

正しく記述すること

プログラムとは手順を正しく記述すること!音楽の楽譜と同じ

下記のパッヘルベルのカノンは,間違いだらけ,詳しい人,直してちょうだい.カノンは,繰り返しのコードが隠れている楽譜

Sound[{{SoundNote["D3", 1, "Contrabass",SoundVolume ->0.5]},{SoundNote["A2", 1, "Contrabass",SoundVolume ->0.6]},{SoundNote["B2",1,"Contrabass",SoundVolume ->0.7]},{SoundNote["F2", 1, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5]},{SoundNote["G2",1, "Contrabass",SoundVolume->0.9]},{SoundNote["D2", 1, "Contrabass",SoundVolume -> 0.7]},{SoundNote["G2",1, "Contrabass",SoundVolume -> 0.6] },{SoundNote["a2",1, "Contrabass",SoundVolume -> 0.5]},{SoundNote["D3", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["F#5", 1, "Violin"]},{SoundNote["A2", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["E5", 1, "Violin"]},{SoundNote["B2", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["D5", 1, "Violin"]},{SoundNote["F2", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["C#5", 1, "Violin"]},{SoundNote["g2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["B4",1, "Violin"]},{SoundNote["D2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["A4", 1, "Violin"]},{SoundNote["G2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["B4", 1, "Violin"]},{SoundNote["a2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["C#5", 1, "Violin"]},{SoundNote["D3",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["D5",{0, 1}, "Violin"],SoundNote["F#5", 1, "Violin"]},{SoundNote["A2", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["C#5", {0,1}, "Violin"],SoundNote["E5", 1, "Violin"]},{SoundNote["B2", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["D5", {0,1}, "Violin"],SoundNote["B4", 1, "Violin"]},{SoundNote["F2", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["C#5", {0,1}, "Violin"],SoundNote["A4", 1, "Violin"]},{SoundNote["g2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["B4",{0,1}, "Violin"],SoundNote["G4",1, "Violin", SoundVolume -> 0.5]},{SoundNote["D2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["A4", {0,1}, "Violin"],SoundNote["F4", 1, "Violin",SoundVolume -> 0.3]},{SoundNote["G2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["B4", {0,1}, "Violin"],SoundNote["G4", 1, "Violin",SoundVolume -> 0.2]},{SoundNote["a2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["C#5", {0,1}, "Violin"],SoundNote["E4", 1,"Violin", SoundVolume -> 0.1]},{SoundNote["D3",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["D5",{0, 1}, "Violin",SoundVolume -> 1],SoundNote["F#5",{0,1}, "Violin",SoundVolume -> 1],SoundNote["D4", 0.5, "Violin"],SoundNote["F#4", {0.5,1}, "Violin"]},{SoundNote["A2", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["C#5", {0,1}, "Violin",SoundVolume -> 1],SoundNote["E5",{0, 1}, "Violin",SoundVolume -> 1],SoundNote["A4",0.5, "Violin"],SoundNote["G4",{ 0.5,1}, "Violin"]},{SoundNote["B2", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["D5", {0,1}, "Violin",SoundVolume -> 1],SoundNote["B4", {0,1}, "Violin",SoundVolume -> 1],SoundNote["F#4", 0.5, "Violin"],SoundNote["D4", {0.5,1}, "Violin"]},{SoundNote["F2", {0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote[{"C#5","A4"}, {0,1}, "Violin",SoundVolume -> 1],SoundNote["F#4", 0.5, "Violin"],SoundNote["E4", {0.5,1}, "Violin"]},{SoundNote["g2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["B4",{0,1}, "Violin"],SoundNote["G4",{0,1}, "Violin"],SoundNote["D4",0.5, "Violin", SoundVolume ->0.5],SoundNote["B3",{0.5,1}, "Violin"]},{SoundNote["D2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["A4", {0,1}, "Violin",SoundVolume -> 1],SoundNote["F4", {0,1}, "Violin",SoundVolume -> 0.3],SoundNote["D4", 0.5, "Violin"],SoundNote["A4", {0.5,1}, "Violin"]},{SoundNote["G2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 1],SoundNote["B4", {0,1}, "Violin",SoundVolume -> 1],SoundNote["G4",{0, 1}, "Violin",SoundVolume -> 0.2],SoundNote["G4", 0.5, "Violin"],SoundNote["B4", {0.5,1},"Violin"]},{SoundNote["a2",{0,1}, "Contrabass", SoundVolume -> 0.5],SoundNote["C#5", {0,1}, "Violin",SoundVolume -> 0.6],SoundNote["E4", {0,1}, "Violin",SoundVolume -> 0.1],SoundNote["A4", {0,0.5}, "Violin"],SoundNote["G4", {0.5,1}, "Violin"]}}]
317
楽譜の縦軸と横軸
©M.Sekiguchi

このマークは本説明資料に掲載している引用箇所以外の著作物について付けられたものです。


山形大学 准教授

伊藤智博

山形大学 大学院 理工学研究科
C1ラボラトリー
992-8510 山形県 米沢市
城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
Tel: 0238-26-3753
URL: http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52210/52210_07.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.