HOME 教育状況公表 本日
情報処理概論 WebClass Google+ files syllabus 52210 C1 情報機器の準備

3D-CADを使った分子模型作成~計算結果を3Dプリンターへ~

材料と素形材と何が違うか?材料は切ったり、削ったりして使う、まだ形のないもの。素形材は、ひとつふたつと数えることができる形のあるもの。形が機能と用途を与え、ヒトの生活を豊かにする。材料と製品の違いは、石と石器の違いだ。石器の発明がヒトをヒトにし、その技術の継承がネアンデルタール人とホモサピエンスの運命を二分した。

エンジニアリングと形は切っても切れない。機械部品ばかりでなく、今は分子もその形に機能を求める。分子だけでなく、結晶構造も、あるいは粒子の形状も、それらを組み合わせたスラリーも、すべて形状の設計だ。

PLMとCAD

CADとCAM

コンピュータで図面を描く。第三角法で図2(B)の正面図、平面図、側面図を描きます。

製図(drawing)は工学部の基本。外形線は太く0.7mm≒2pt以上で書きます。 あいまいな線は描いてはいけません。 Z8317-1:2008 によると矢印の末端記号は30°塗りつぶし矢,30°白抜き矢,30° 開き矢,90°開き矢,斜線(45°傾斜)と規定されており, 寸法数字の記述スペースから90°開き矢に近似される矢印記号に修正をしました. また,寸法数字ですが,最近の機械製図の教科書や Z8317-1:2008 の例をみると,寸法数字はローマン体なので,斜体からローマン体 に修正しています.直径記号φは斜体のようです. html で描くときには SVG などのベクター形式を使います。

図面

ラスターファイル,ベクターファイル形式

特許の出願の 画像形式も指定されています。

色度座標 BT.2020
ラスターファイルの例
山形大学
VIDM ロゴマーク取扱規程 商標登録 ロゴマークについて
ベクターファイルにラスターファイルを埋め込み、ダイナミックにBasicから生成した例

3D-CAD

3次元の立体構造を部品ごとにCADソフト上で作成します.次に,部品を組み立てたアセンブリ作業をして,部品ごとのクリアランスや公差を立体的に設計できるCADソフトウェアです. 第三角法による三面図は,これからの部品データやアセンブリデータから,図面が作成される.図面の寸法などは自動的に入力されるが,公差などは設計者指定する.

学術情報基盤センターでは,ソリッドワークス(Solidworks)教育版INVENTOR PROFESSIONALが利用できる. ライセンス契約上,ソリッドワークスは教育版なので,研究では利用できません.

例)電気抵抗の概念図 ( © 赤間未行
図8  スラリーを塗工した電極をさらに拡大した図
赤は活物質、青は 正極集電体、黒はアセチレンブラック、緑はSBR (©黒澤大輝
抵抗尺の図面(高橋 宏義.試薬管理日記.卒業論文2017.)

ラピッドプロトライピング(RP)

CADからRPへ

3Dプリンターで分子模型を作ろう

SCIGRESSには,ver. 2.7からSTL形式のエクスポート機能が追加されました.この機能をつかって3Dプリンターをつかって分子模型を造形できます.

1nLの精密ディスペンサーとロボットで液体精密制御技術

ロボットで3次元的にコーティングやグリース塗布、シーリングを精密ディスペンサーで行う時代。 CPUの放熱用のグリースは、多くても少なくて、熱抵抗が増します。最適な量を適切な位置に塗布することで性能を発揮します。

ピコリットル(pL)のインクジェット技術、ナノリットルの液体精密制御技術。銀ペーストの銀粒子の形やサイズをいかに設計するか?塗るときは流れやすく、塗ったら固まる材料の設計は化学を専門とする化学・バイオ工学科の仕事。

関連キーワード:チクソトロピー、非ニュートン流体

回路設計CAD

学術情報基盤センターでは,回路設計CADとして,EAGLEが利用できます.
今井君が設計した学生実験用ICを使った基準電源の回路図

学術情報基盤センター利用手引き

教育機関向けオートデスクソフトウェアの使い方

INVENTOR PROFESSIONAL

センターの端末では起動時にラインセスを選択するダイアログウィンドが起動したら、「ネットワークラインセスを使用」をクリックしてください。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52210/52210_08.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.