C1ラボラトリー(応用化学科第1講座)   C1 Laboratory
HOME 教育状況公表 令和3年1月23日

図形の表し方

卒業論文、修士論文、博士論文、学術論文、特許明細書などでは、 図面図表図形の表現が併用されます。 グラフ回路図、フローチャート、 写真イラスト地図などがあります。 数式化学式、反応式などの も図面として、本文とは別に扱われます。

カラー原稿の配色は白黒コピーされても良いようにしましょう。以下、執筆中( 色度座標 パレット カラーユニバーサルデザイン

canvas

星型を描いてみましょう。

手書きで星型を描いて、インスタグラムでアップするのもいいでしょう。 でも、それだと誤差が大きいですね。 座標を指定すれば、誤差が小さくなります。

星型の座標は、座標(0.1)を144度5回座標回転した数列ですね。 表計算ソフトで計算するとあっと言う間です。 座標や回転、三角関数を忘れたときは、数学を思い出してください。

100 0 158 180 4 69 195 69 41 180

これで図形をイメージできる人はそれでいいのですが、 機械の助けを借りましょう。 機械が読み取れる、マシンリーダブルな形式にするのです。

星型
star.xlsx star.svg
レスポンシブでインタラクティブに大きさを変えることのできる星形(svg)
星形の大きさ
大きさ:
蓄電池 ソーラーパネル 太陽エネルギー 二酸化炭素 電気自動車
低炭素住宅 とV2H
加法混色
減法混色

山形大学の ロゴ

png形式をimgタグ参照した場合

山形大学の スクールカラー ときわ色(プロセスカラー3色を使用し,C(シアン)=100%,M(マゼンタ)=60%及びY(イエロー)=70%を割合とする色)です。#00664dになります。 http://www.colordic.org/ #00664d

Example fillrule-evenodd - demonstrates fill-rule:evenodd 数直線
数直線

3次元グラフィックス

コンピュータが使われることが多いので、コンピュータグラフィックス(CG)とスリーディメンショナル(3D)でスリーディーシージー(3DCG)と言われることもあります。

図面としては透視図、等角投影斜投影があります。 一般に3DCGと言われるときは、三点透視図法を指すことが多いです。建築などではパースペククティブ、略してパース図などと言われます。外観パース、内観パースなどのように使います。


山形大学大学院 理工学研究科
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
C1ラボラトリー(仁科・立花・伊藤研究室)
准教授 伊藤智博 0238-26-3753
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/
c1@gp.yz.yamagata-u.ac.jp