🏠
🌡️ 📆 令和4年12月2日

15. エネルギーと情報-ディスプレイとエレクトロニクス―

山形大学  工学部  化学・バイオ工学科  🔋 C1 仁科辰夫

🔚 エネルギー化学 Web Class syllabus 53209 📆 🕥10:30- 🕛12:00 仮想教室中示範B C1 zero zoom

電気から光へ

情報 DA変換 電気 発光素子
  1 デジタル情報から光へ

デジタル情報 はDA変換で電圧になり、アンプで増幅されて発光素子を駆動します。 そうすることでデジタル情報がディスプレイ上で写真や動画のような映像となって表現されます。



  • 投射型
  • 空間像型
  • 電子ディスプレイ
    無機工業化学 エネルギー化学

      2 この赤いバラの花は、赤く見えますか?

    隣の人のディスプレイと色の鮮やかさが同じかどうか見較べてみましょう。 また色覚には個性があります。 色覚異常の方も、できれば積極的にコミュニケーションをとってディスプレイと色についての議論を交わしましょう。 ビット深度と解像度が上がれば、より鮮明になります。


      3 R G B 加法混色

      4 C M Y K 減法混色

      1
    種類 RGB HSB /HSL CMYK
    概念 加法混色 光源色 色相環 通信 減法混色 物体色(表面色、透過色)
    蛍光色、金属光沢を除く
    表現 Red ff0000
    green 00ff00
    blue 0000ff
    cyan 00ffff
    magenta ff00ff
    yellow ffff00
    用途 ディスプレイ HTML、CSS、 SVG 通信 印刷 プリンター、カメラ
    ジャンル エネルギー 情報 材料
    図形 12.無機工業化学 05.情報処理概論 色度座標 スペクトル
    無機工業化学

    液晶ディスプレイ

    ピカッとさいえんす 液晶ディスプレイ

    液晶ディスプレイについて説明しなさい。


    エレクトロクロミズム


    ハイテクウインドウ ボーイング787 エレクトロ クロミック スマートウィン ドウ B787 electrochromism

    TOYOTA CELSIOR20系 自動防眩ルームミラー

    ポリアニリン膜を使ったエレクトロクロミズム現象の観察

    エレクトロクロミズムについて説明しなさい。

    情報とエネルギー


      2 情報を維持するのに必要な エネルギー
    種類説明
    情報 100TB 動画(約120分)×1000本×100人ぐらい
    2TB×40+4TB×12+600GB×17, キャッシュ用SSD
    最大電力 1600W 設計最大消費電力,家庭用 電子レンジ2台分
    実測電力 1600W ←設計最大消費電力(DB接続不可のため)
    年間電力量
    (電気エネルギー)
    14025.6kWh
    年間電気代 420768円 1kWhあたり30円で算出
    年間排二酸化炭素 7.2792864t 東北電力の基礎排出係数0.000519tCO2/kWhより算出
    ソーラーパネル面積 24㎡ 1kWあたりに必要なおおよその面積を15㎡として算出
    リチウムイオン電池 15kWh 家庭用蓄電池1台分
    学術情報基盤センター https://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/運用実績より。 通信速度は、実質1Gbps平均です。設計上の最大速度は5Gbpsです.

    備忘。 7号館のパネルの面積は,忘れました.図面見て計算します. 10kW分のパネルです.7号館は,10kWのシステムが4台,並列でつながっています<パワコン4台 そのうちの1台が 学術情報基盤センター 米沢分室に送電されています.太陽光の電池は, リチウム電池15kWhです44,730,000円


      3 情報通信に必要な エネルギー
    種類説明
    通信速度 5Gbps メタルケーブル
    電力 23.2 W 家庭用 電子レンジ?台分,4.6W/ポート※
    年間電力量 203kWh
    年間電気代 6,101円 1kWhあたり30円で算出
    年間排二酸化炭素 0.11t 東北電力の基礎排出係数0.000519tCO2/kWhより算出
    学術情報基盤センター が提供する1000Base-Tの1ポート当たりの消費電力から算出。1ポート当たりの消費電力は米沢キャンパス全体の通信機器の消費電力を使用しているポート数で除算した。 学術情報基盤センターの通信機器は実測値を用い,それ以外に設置されて通信機器はカタログに掲載されている値を用いた。 02.情報処理概論

      4 通信機器の 消費電力
    年代名称スイッチ性能 / Gbps消費電力 /W1Gbps当たりの消費電力 / W/Gbps説明
    1994 DEC GIGAswitch 3.6 1250 347 FDDI方式(100Mbps/ポート)
    1995 Fore ASX-1000 10 1200 120 ATM方式(155Mbpsまたは622Mbps)
    2001 CISCO Catalyst 6509NEB 256 1500 6 イーサーネット方式, ルータとしての機能も有する.
    2009 CISCO Catalyst 6509-E 720 2000 3 イーサーネット方式, ルータとして機能することはもちろん,VRF(仮想ルータ)の機能が追加された.
    2018 CISCO Catalyst 6807XL 6000 3000 0.5 イーサーネット方式,レンタル物品への切り替わった.最新のモニタリング結果は,3000Wであった.
    02.情報処理概論 学術情報基盤センター の導入記録より.

      5 情報量エントロピー) の単位
    対数の底 通常の単位 JISおよびISOが定めた単位 備考
    2 ビット (bit) シャノン (shannon)
    e ナット (nat) ナット (nat)
    e ディット (dit) ハートレー (hartley)
    01. 情報処理概論 15. エネルギー化学特論 09. 品質管理
    ©2022 Kazuhiro Tachibana

    このマークは本説明資料に掲載している引用箇所以外の著作物について付けられたものです。



    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52255/52255_15.asp


    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.