HOME 教育状況公表 本日
⇒#4863@講義;

  エネルギーの種類

仁科辰夫, 立花和宏
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52255/52255_01.asp

この 講義 エネルギー化学 の単元です。 この講義(エネルギーの種類)の親単元は (null) です。

初版

今月使った電力は何ワットアW・h〕だったろうか?

エネルギー E 〔Jの単位は〔J〕です

エネルギー変換化学1)

 エネルギーの種類

エネルギー E 〔J

熱エネルギー Q 〔J物質量 n 〔mol×気体定数 R 〔J/K・mol×温度 T 〔K

状態方程式

圧力 p 〔Pa×体積 V 〔m3物質量 n 〔mol×気体定数 R 〔J/K・mol×温度 T 〔K

 p-V線図(カルノーサイクル)
©Copyright 2018 Hiroyoshi TakahashiC1 Laboratory all rights reserved.

化学工業の歴史

産業革命

灰汁

1785 ベルトレ 塩素 漂白

ルブラン ソルベー

炭酸ナトリウム

1865 ソルベー 撹拌 向流

1866 ジーメンス 発電機 電気めっき 電解精錬

関連書籍

工業化学の新しい動向

化学工業歴史1)

世界の化学工業の歴史産業革命の発祥地であるイギリスから出発したといえる

日本の化学工業の勃興と発展2)
化学工業の特徴
資源エネルギー
日本の化学工業の将来

最新工業化学持続的社会に向けて目次3)
(1工業化学 > 化学工業の歴史
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(2工業化学 > 日本の化学工業の勃興と発展
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(3 > 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).

出典:
工業化学の新しい動向
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.1. ) 1)

関連講義

無機工業化学,工業化学の歴史@無機工業化学2)

無機工業化学,世界の産業革命3)



出典:
化学工業の歴史
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.1. ) 2)

木材空気二酸化炭素(炭酸ガス)灰汁熱エネルギー Q 〔J

18世紀3)の産業革命でエネルギーから変換できるようになりました

力学的エネルギー E 〔J圧力 p 〔Pa×体積 V 〔m3

電池とエネルギー1)
化学エネルギー変換装置としての化学電池
実用化されている電池
新しい化学エネルギー変換近未来電池

現代の電気化学目次現代の電気化学(目次)2)

出典:
電池とエネルギー
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . ) 4)


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> エネルギーの種類 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11331'> エネルギー化学 <a/a> 講義ノート, 2018. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4863'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4863 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-19">2019-11-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4863

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.