🏠
🌡️ 📆 令和6年4月15日
⇒#4863@講義;

👨‍🏫 0000.0001.  エネルギーの種類

仁科辰夫, 立花和宏

エネルギー化学 では、 「 エネルギー化学のガイダンス 」 の中で、 「エネルギーの種類」について 述べられています ⇒#4863@講義;。

📆 初版
#研究

今月使った電力は何ワットアワー〔W・h〕だったろうか?

エネルギー E ã€”J〕の単位は〔J〕です。

エネルギー変換化学1)

表 ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ã®ç¨®é¡ž
示強変数示量変数物質量あたり粒子あたり
熱エネルギー Q ã€”J〕温度 T ã€”K〕エントロピー S ã€”J/K〕気体定数 R ã€”J/K・mol〕ボルツマン定数 kB ã€”J/K〕
力学的エネルギー E ã€”J〕圧力 p ã€”Pa〕体積 V ã€”m3〕理想気体のモル体積 x ã€”L/mol〕
電気エネルギー E ã€”J〕電圧 V ã€”V〕電気量 Q ã€”C〕ファラデー定数 F ã€”C/mol〕電気素量 e ã€”C〕
光エネルギー E ã€”J〕振動数 Î½ ã€”Hz〕プランク定数 h ã€”J・s〕

エネルギー E ã€”J〕

熱エネルギー Q ã€”J〕=物質量 n ã€”mol〕×気体定数 R ã€”J/K・mol〕×温度 T ã€”K〕

状態方程式

圧力 p ã€”Pa〕×体積 V ã€”m3〕=物質量 n ã€”mol〕×気体定数 R ã€”J/K・mol〕×温度 T ã€”K〕

図 p-V線図(カルノーサイクル)
©Copyright 2020 Hiroyoshi TakahashiC1 Laboratory all rights reserved.

2)

木材+空気=二酸化炭素(炭酸ガス)+灰汁+水+熱エネルギー Q ã€”J〕

3)の産業革命で、熱エネルギーから変換できるようになりました。

力学的エネルギー E ã€”J〕=圧力 p ã€”Pa〕×体積 V ã€”m3〕

4)



関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl4863' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4863'> 👨‍🏫 </a> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52255/52255_01.asp'> エネルギーの種類 </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 仁科辰夫, 立花和宏. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4863'> <q><cite> エネルギーの種類 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11331'> エネルギー化学 <a/a> 講義ノート, 2018.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4863'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4863 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-4-15">2024-4-15</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4863

🎄🎂🌃🕯🎉
山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.