HOME 教育状況公表 本日
⇒#6@物理量;

物質量


物理量】物質量⇒#6@物理量;
物質量 n / mol


物質量の大綱となる 物理量は、物質量です。

単位物質量あたりの質量 m 〔kgモル質量 M 〔kg/molといい原子量 Aw 〔kg/mol分子量 x 〔kg/mol式量 FW 〔kg/molなどがあります化学エネルギー G 〔J

http://www.aist.…

状態方程式

圧力 p 〔Pa×体積 V 〔m3物質量 n 〔mol×気体定数 R 〔J/K・mol×温度 T 〔K

ギブス自由エネルギー G 〔J物質量 n 〔mol×ファラデー定数 F 〔C/mol×起電力 E 〔V

ファラデー電気分解の法則

電気量 Q 〔Cファラデー定数 F 〔C/mol×物質量 n 〔mol

反応速度 r 〔mol/s物質量 n 〔mol÷時間 t 〔s

製品ブレスチェッカー

関連書籍

物質の構造

物質の構成
物質と混合物
元素単体と化合物
原子の構造
電子配置
イオン
元素の周期律
イオン結合イオン結晶1)
共有結合分子2)
分子間力と分子結晶
金属結合と金属結晶
化学結合と結晶の種類
原子量分子式量
物質
化学反応式と量的関係
化学の基本法則と原子分子

関連書籍サイエンスビュー化学総合目次3)

(1物質の構 > イオン結合とイオン結晶
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(2物質の構 > 共有結合と分子
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(3 > サイエンスビュー化学総合(目次)
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).

出典:
物質の構造
(実教出版. サイエンスビュー化学総合資料. 実教出版, . ) 1)

物質の構成
物質と混合物
原子の構造
電子配置
イオン
元素の周期表
イオン
イオンの生成とエネルギー
イオン結合
共有結合
分子間の相互作用
金属結合
結晶格子と単位格子
化学結合と結晶
原子量分子量式量
物質
溶液の濃度
化学反応式と量的関係
化学の歴史と基本法則


出典:
物質の構成
(佐野博敏、花房昭静. 総合図説化学. 第一学習社, . ) 2)

物質の構成
物質の成分
原子の構造
電子配置と電子軌道
イオン
元素の周期律
イオン結合
分子共有結合
分子極性
金属結合と金属の結晶
化学結合のまとめ
原子量物質量
化学反応式

無極性分子 極性分子
出典:
物質の構成
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録. 数研出版, . ) 3)

化学センサーデバイス化された計測

イオンセンサー
ガラス電極 pHメーター

ガスセンサー
酸素センサー
DO1)

クラーク電極 溶存酸素

過酸化水素センサー
酵素センサー

半導体

物理量物質量2)
(1DO x / .
(2物質量 n / mol.

出典:
化学センサー:デバイス化
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . ) 4)

ブレスチェッカー

物質量を求める計算式

物質量の細目となる 物理量

化学種 の物質量

材料 の物質量

<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=6'>物質量</a><a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=6'> <var>n</var></a>〔<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Unit/@Unit.asp?nUnitID=8'>mol</a>〕

物理量のテーブルを参照しています。 性状


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/