⇒#805

電気分解

総合図説化学(第一学習社)「第3節 溶液の性質-3.溶液の濃度」を参考にして、0.5 M CuSO4を3mL調製する。
【得点ゲット】必要な硫酸銅の質量(約0.37g)をTAの目前で電卓によって計算し、質量の値をグラムで表示させる。電卓に入力して良い数値は、原子量(CuSO4・5H2O=249.68)、濃度(0.5 M)、容量(3mL)のみとし、メモリー機能やプログラム機能は使用禁止とする。操作は1分以内、計算は一回限りとする。正しい値を表示させたら15点。次ぎに、計算した値に従い、上皿電子天秤で、硫酸銅を時計皿にはかりとる。試薬時計皿以外にこぼしたり、量を多く取りすぎたりしなければ、15点。


総合図説化学(第一学習社)「第5節 電池と電気分解-4.電気分解」を参考にゼムクリップに3mgの銅めっきをする。
秤量瓶乾燥する。ゼムクリップを洗浄・乾燥し、めっき前のゼムクリップの質量を精密化学天秤で0.1mgの桁まで読み取る。0.5 M CuSO4電解液中で、ゼムクリップに通電し、きっかり3.0mg銅めっきする。めっき後のゼムクリップを洗浄・乾燥し、めっき後のゼムクリップの質量を精密化学天秤で0.1mgの桁まで読み取る。めっき後とめっき前の質量差からめっきした銅の質量を求める。
【得点ゲット】めっき前およびめっき後についてゼムクリップの質量の測定にTAに立ち会ってもらいサインを受け取る。めっきした銅の質量が3mg±0.2mgなら90点、3mg±0.5mgなら60点、3mg±1mgなら30点、とする。5回までチャレンジしてもっとも精度が高いめっきを得点とする。