HOME 教育状況公表 本日
⇒#1349@講義;

  ファラデーの電気分解の法則

伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(ファラデーの電気分解の法則)の親単元は 原理と法則 です。

初版

19世紀1)ファラデーファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―18672)が発見した法則

物質量 n 〔molファラデー定数 F 〔C/mol×電気量 Q 〔C

1832年にファラデーファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―18673)がこの実験の定量化に成功し静電気と動電気の同証明します有名なファラデー電気分解法則

イオン化傾向 電位差 標準電極電位 起電力 電気分解 電解精錬

関連講義

電気分解4)

 エレクトロニクスと電気化学エレクトロニクスと電気化学(パワーと内部抵抗)5)

エネルギー変換化学特論,2009平成21エネ【2009年(平成21)エネ変】6)

エネルギー変換化学特論,電解工業電気化学電解工業と電気化学(2011_H23)7)

関連書籍

加える電位差が電池の起電力よりも電池過電圧だけ大きくならなければならないつの電極における過電圧電解質流れる電流による電圧降下の和となる
出典:
電気分解
(P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. 物理化学要論. 東京化学同人, 382. ) 8)

探求活動 ファラデー定数
出典:
探求活動8 ファラデー定数
(佐野博敏・花房昭静. スクエア最新図説化学. 第一学習社, . ) 9)

物質の変化

化学反応と熱
化学反応の速さと化学平衡
塩基の反応
化還元反応
化と還元

化数と還元

電池電気分解

標準電極電位 起電力

クロム1)クロムカリウム2)クロムカリウム3)
化水素4)
(1クロムCr, FW = 51.9961 g/mol, (化学種).
(2二クロム酸カリウムK2CrO7, FW = 242.1885 g/mol, (化学種).
(3クロム酸カリウムK2CrO4, FW = 194.1903 g/mol, (化学種).
(4過酸化水素Hydrogen peroxideH2O2, FW = 34.01468 g/mol, (化学種).

出典:
物質の変化
(佐野博敏、花房昭静. 総合図説化学. 第一学習社, . ) 10)

物質の変化

酸化還元滴定
金属イオン化傾向 電位差 標準電極電位
電池 起電力
電池
電気分解 電気量
電気分解 電解精錬

サイエンスビュー化学総合目次1)
(1 > サイエンスビュー化学総合(目次)
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).

出典:
物質の変化
(実教出版. サイエンスビュー化学総合資料. 実教出版, . ) 11)

物質の反応
化学反応と熱
化学反応の速さと化学平衡
酸と塩基の反応
酸化還元反応
電池と電気分解1)2)

イオン化傾向 電位差 標準電極電位 起電力 電気分解 電解精錬
(1 > 一次電池
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(2電池 > 二次電池
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).

出典:
物質の反応
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録. 数研出版, . ) 12)

電気化学

電気化学の歴史

18世紀1)
1791ガルバニ電池
1800ボルタ電池
19世紀2)
1833ファラデー電気分解の法則
1839グローブ燃料電池発見

電気化学の基礎

電極界面モデル

電解の化学
エネルギー貯蔵電気化学

鉛電池

酸素過電圧水素化電圧が大きい


燃料電池電気化学
太陽電池

最新工業化学持続的社会に向けて目次最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)3)
18世紀
19世紀


出典:
電気化学
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 13)

工業電解プロセス

工業電解エネルギー変換

水溶液電解

食塩電解

溶融塩電解

イオン交換膜プロセス

食塩の製造には電気透析使われています

カセイソーダ

現代の電気化学目次

 工業電解で生産される物質の例とその理論電気量


出典:
工業電解プロセス
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . ) 14)

物理量

エネルギー密度 E 〔J/kg電池容量密度 Q 〔mA·h/g

関連講義エネルギー変換化学特論,エネルギー種類物質かかわりエネルギーの種類と物質とのかかわり(2011_H23)15)


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> ファラデーの電気分解の法則 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 1833. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1349'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1349 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-15">2019-11-15</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1349

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.