HOME 教育状況公表 本日
⇒#3261@講義;

0001.  エネルギーの種類と物質とのかかわり(2011_H23)

立花和宏
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(エネルギーの種類と物質とのかかわり(2011_H23))の親単元は 【2011年(平成23)エネ変】 です。

初版
演習-豆電球の点灯順序
電気の伝わり方と流れ方電気動かす力-
静電気と動電気ガルバーニ電池
電極の呼び方プラスマイナス
直列つなぎと並列つなぎボルタ電堆
電池と電気分解ファラデー電気分解法則
電気担うもの電子阻むものイオンの存在
なぜリチウムイオン電池が求められるのか?-水の分解-
演習-落雷から身守る
バルクと界面
電気のたまり方-イオン結合共有結合
分極の種類
電池の起電力の測定-半電池とネルンスト式-
測定した電流から電流密度推定する表面積断面積
分解電圧の測定と電解液の電位窓-過電圧と物質輸送-
電池の内部抵抗-電極形状と材料物性値-
電極セル照電極の使い方-
腐食と不働態化-集電体の安定性-
リチウムイオン電池の数理モデル

物理量
電流1)電気量2)ファラデー定数3)導電率4)

材料
負極活物質5)亜鉛6)
正極活物質7)空気8)
電解液9)

計算式
静電気力10)物質量ファラデーの法則11)電流と面積から電流密度の計算12)

考書
最新工業化学持続的社会に向けて, 電気化学13)
現代物理化学序説目次14)
分子軌道法目次15)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,ガルバーニ電池ボルタ電堆16)
電気化学の庵,光と電磁波エネルギー17)
電気化学の庵,電気と磁気と物質と18)
基礎量子化学,分子軌道19)
エネルギー変換化学特論, 電池キャパシタコンデンサ般論20)
化学エネルギーから電気エネルギーへの変換21)
ピカッとさいえんす,イルミネーション~半導体~22)
数式意識せずとも理解が進む!電気化学測定ノウハウ,電気と物質のかかわり23)
電気化学の庵,クーロンの法則24)
1 電池の中での電気の流れ道25)
リチウム電池の電気化学の基礎講座,電気流れ道26)

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ガルバーニ電池とボルタ電堆,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁波(光エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 電気と磁気と物質(電気エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

 > 分子軌道,
立花 和宏,基礎量子化学, 講義ノート, (2005).

エネルギ > 【200 > 第1講 電池とキャパシタ(コンデンサ)の一般論,【2007年(平成19)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

エネルギ > 化学エネルギーから電気エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).

四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

電気化学 > 電気と物質のかかわり,電気化学測定ノウハウ
立花 和宏,数式を意識せずとも理解が, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > クーロンの法則,原理と法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1875).

 > 第1講 電池の中での電気の流れ道,
立花 和宏,電極動作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2009).

 > 電気の流れ道,
立花 和宏,リチウム電池の電気化学の, 講義ノート, (2010).

(1電流 I / A.
(2電気量 Q / C.
(3ファラデー定数 F = 96485.3415 / C/mol.
(4導電率 κ / S/m.
(5@ > 活物質 > 負極活物質
負極活物質, (材料).
(6@ > 無機材料 > 金属 > 亜鉛
亜鉛, (材料).
(7@ > 活物質 > 正極活物質
正極活物質, (材料).
(8@ > 天然資源 > 空気
空気air, (材料).
(9@ > ソリュー > 電解液
電解液, (材料).
(10静電気力, (計算).
(11物質量(ファラデーの法則), (計算).
(12電流と面積から電流密度の計算, (計算).
(13 > 電気化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(14 > 現代物理化学序説(目次)
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, , (198).
(15 > 分子軌道法(目次)
広田穣著, 分子軌道法, 裳華房, , (1999).
(16緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 歴史的電 > ガルバーニ電池とボルタ電堆,歴史的電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1800).
(17高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁波(光エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(18高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 電気と磁気と物質(電気エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(19 > 分子軌道,
立花 和宏,基礎量子化学, 講義ノート, (2005).
(20エネルギ > 【200 > 第1講 電池とキャパシタ(コンデンサ)の一般論,【2007年(平成19)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).
(21エネルギ > 化学エネルギーから電気エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).
(22四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).
(23電気化学 > 電気と物質のかかわり,電気化学測定ノウハウ
立花 和宏,数式を意識せずとも理解が, 講義ノート, (2009).
(24高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > クーロンの法則,原理と法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1875).
(25 > 第1講 電池の中での電気の流れ道,
立花 和宏,電極動作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2009).
(26 > 電気の流れ道,
立花 和宏,リチウム電池の電気化学の, 講義ノート, (2010).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> エネルギーの種類と物質とのかかわり(2011_H23) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3261'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3261 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-19">2019-6-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3261

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.