HOME 教育状況公表 本日
⇒#1539@講義;

  ファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―1867

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(ファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―1867)の親単元は 科学者・学者・医者 です。

初版
マイケルファラデー17911867電気化学の祖
19世紀1)イギリス2)の科学者物理学3)

数式が苦手で実験結果図形表現ファラデー実験結果ケルヴィン4)ストークスクスウェル5)などの手によって数式にまとめられます6)

すべての実験に通し番号つけ最後は16041番だったといいます

空気誘電率7)するという考え方導入単位ファラ8)にその名前残します


ファラデー電気分解の法則9)
ファラデー電磁誘導の法則10)

1831年に電磁誘導11)発見
1831年に発電機発明

1833ファラデー12)電気分解の法則発見13)14)静電容量15)の単位ファラ16)に名残していますロウソクの科学17)著しています

1836ダニエル18)ダニエル電池の発明

関連講義
無機工業化学II,化学エネルギーから電気エネルギーへの変換19)
電気の史料館20)
でんきの科学館21)
原子の構造22)
ブラウィリアムブラ23)

計算式
物質量ファラデーの法則24)

書籍
電気化学25)
探求活動 ファラデー定数26)

高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 19世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 地理(高 > 海外 > ヨーロッ > イギリス,ヨーロッパ
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校物理 > 物理学史,高校物理
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > ケルヴィン卿ウィリアム・トムソン(英)1824―1907,人物
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > J.C.マックスウェル(英)1831―1879,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > ファラデーの電気分解の法則,原理と法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1833).

高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > 電磁気学 > ファラデーの電磁誘導の法則,電磁気学の法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1831).

高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > 電磁気学 > ファラデーの電磁誘導の法則,電磁気学の法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1831).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > マイケル・ファラデー(英)1791―1867,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 19世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 高校物理 > 物理学史,高校物理
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ジョン・フレデリック・ダニエル,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).

エネルギ > 化学エネルギーから電気エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).

ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > 電気の史料館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > でんきの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > 物理学者 > ブラッグ(ウィリアム・ブラッグ),物理学者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).

(1高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 19世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(2高等学校 > 地理(高 > 海外 > ヨーロッ > イギリス,ヨーロッパ
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(3高等学校 > 高校物理 > 物理学史,高校物理
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(4高等学校 > 高校歴史 > 人物 > ケルヴィン卿ウィリアム・トムソン(英)1824―1907,人物
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(5高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > J.C.マックスウェル(英)1831―1879,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(6 > 異色と意外の科学者列伝
佐藤文隆, 異色と意外の科学者列伝, 岩波書店, (2007).
(7誘電率(permittivityε [F/m(ファラッド毎メートル)].
(8ファラッドF静電容量, (単位).
(9高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > ファラデーの電気分解の法則,原理と法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1833).
(10高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > 電磁気学 > ファラデーの電磁誘導の法則,電磁気学の法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1831).
(11高等学校 > 高校物理 > 原理と法 > 電磁気学 > ファラデーの電磁誘導の法則,電磁気学の法則
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1831).
(12高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > マイケル・ファラデー(英)1791―1867,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(13高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 19世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(14高等学校 > 高校物理 > 物理学史,高校物理
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(15静電容量(electrostatic capacityC [F(ファラッド)].
(16ファラッドF静電容量, (単位).
(17ロウソクの科学
ファラデー、三石巌, 角川文庫, (1962).
(18高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > ジョン・フレデリック・ダニエル,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).
(19エネルギ > 化学エネルギーから電気エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).
(20ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > 電気の史料館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(21ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > でんきの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(22 > 原子の構造
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(23高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > 物理学者 > ブラッグ(ウィリアム・ブラッグ),物理学者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).
(24物質量(ファラデーの法則), (計算).
(25 > 電気化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(26 > 探求活動8 ファラデー定数
佐野博敏・花房昭静, スクエア最新図説化学, 第一学習社, (2004).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> ファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―1867 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 1800. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1539'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1539 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-12-8">2019-12-8</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1539

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.