HOME 教育状況公表 本日
⇒#31@物理量;

熱伝導率


物理量】熱伝導率⇒#31@物理量;
熱伝導率 λ / W/(m・K)


熱伝導率の大綱となる 物理量は、熱伝導率です。

サッシ(窓枠・建材)1)

熱伝達率 h 〔W/(m2·K)が界面の特性値であるのに対して熱伝導率 λ 〔W/(m・K)は材料の物性値です

熱伝導率 λ 〔W/(m・K)熱流束密度 J 〔W/m2÷温度勾配 S 〔K/m

熱伝導率 Thermal conductivity [W/(m K)]と熱拡散率熱拡散係数温度伝導率温度拡散率とも呼ばれる Thermal diffusivity [m/s2]もに物質と状態が決まれば値が決まる物性値である流体気体と液体粘性表す粘性係数粘度 Dynamic viscosityと動粘性係数動粘度 Kinematic viscosityの関係に近い


出典:
熱伝導率と熱拡散率(温度伝導率)の違い 2)


サッシ(窓枠・建材)

熱伝導率を求める計算式

熱伝導率の細目となる 物理量

化学種 の熱伝導率

材料 の熱伝導率

<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=31'>熱伝導率</a><a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=31'> <var>λ</var></a>〔<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Unit/@Unit.asp?nUnitID=240'>W/(m・K)</a>〕

物理量のテーブルを参照しています。 性状


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/