HOME 教育状況公表 令和2年9月30日

卒業論文、修士論文、博士論文、学術論文、特許明細書などでは、 図面図表図形の表現が併用されます。 グラフ回路図、フローチャート、 写真イラスト地図などがあります。 数式化学式、反応式などの も図面として、本文とは別に扱われます。

卒業研究

式の表し方

数式

html

数式に登場する変数はイタリック体で表記します。 htmlではiタグを指定せずにvarタグを指定する方が良いでしょう。

edu: 数式 計算式

数式

y=ax+b

TEX+Google Chart

TEX を指定してGoogle Chartを利用する方法もあります。 かなり複雑な数式をきれいに出力できますが、 画像なのでリンクを張る際にホットスポットを使わなければならないとか オフライン状態では更新できない、 外部サイトへのリンクなのでセキュリティ上警告が出るなどの問題もあります。

画像なので、ダウンロードやほかのアプリへの貼り付けも簡単です。

gapi
ネルンストの式
TeX http://www.latex-cmd.com/equation/matrix.html マセマティカからTeXを出力する方法はこちら。 https://reference.wolfram.com/language/workflow/GenerateTeXWithTheWolframLanguage.html.ja?source=footer
test test
https://kenyu-life.com/2019/07/03/what_is_dft/ TeXから画像へ
\[ \left( \begin{array}{c} X_0 \\ X_1 \\ X_2 \\ X_3 \end{array} \right) = \left( \begin{array}{cccc} 1 & 1 & 1 & 1 \\ 1 & e_{22} & e_{23} & e_{24} \\ 1 & e_{32} & e_{33} & e_{34} \\ 1 & e_{42} & e_{43} & e_{44} \end{array} \right) \left( \begin{array}{c} x_0 \\ x_1 \\ x_2 \\ x_3 \end{array} \right) \]
\[ A = \left[ \begin{array}{rrr} -1 & 20 & 3 \\ 4 & -5 & 600 \\ 7 & 8 & -9 \end{array} \right] \]

mathjax+TeX

mathjax+TeXこれは比較的きれいに出力されます。 を使う手があります。

mathjax.html
\[ E=E^0-\frac{RT}{nF}\log(K) \]

mathjax+MathML

マセマティカからMathMLを出力する方法はこちら。
E = E0 - RT nF ln K
ネルンストの式
数式- 1
回路計で測れる物理量
物理量 単位 備考
電圧 V V 乾電池の開回路電圧は1.65V。 乾電池の公称電圧は1.5V。 水の理論分解電圧は1.23V。
電流 I A 豆電球の電流は 0.5A。 ぽちっと光ったLEDの電流は1mA。
時間 t s
電気量 Q C Q = I t
電気抵抗 R Ω R = V I , V = R I
静電容量 C F C = Q V , V = 1 C I t
インダクタンス L H L = V I t , V = L I t
数式
https://nodamushi.hatenablog.com/entry/20130114/1358113612

おおおい x = - b ± b 2 - 4 a c 2 a

だぽwkふぁpw 参考 LaTeXコマンド集asdfasdfasdfas MathML mathjaxについて



<var>y</var>=<var>a</var><var>x</var>+<var>b</var>


R c = ρ c / S     ( 0 )

物理量(量)は、数値と 単位の積で表現されます。 物理量物理量の 関係を 数式 で表現することは、 グラフの形を表現することと同じです。 位置と の関係を示せば電位プロファイルになりますし、 位置エネルギーの関係を示せば エネルギーダイヤグラムになります。 本質的にエネルギーダイヤグラムは、楽譜と同じです。

©M. Sekiguchi
©N. Imai

化学式

化学式は立体文字(ローマン体)で書きます。イタリック体で書いてはいけません。

LiMn2O4
×LiMn2O4
Li++ e* + Mn2O4 → LiMn2O4

電池式

電池式では化学式を|で区切って並べます。|は界面を表します。一般的には電気の流れが左から右になるようアノードを左に書きます。

 (-) Cu | C | LiPF6 , C4H5O3 | C , LiCoO2 | Al (+)     ()

イオン反応式

  負極: C6Li Li+ + C + e-     ( * )

  正極: CoO2 + Li+ + e- LiCoO2     ( * )

情報処理概論 htmlの作成
物質化学工学実験Ⅳ
卒業研究
図面の表し方
式の表し方
表の表し方
グラフの表し方
htmlの特殊文字

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/Common/Formula/Formula.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.