⇒#37@物理量;

静電容量


物理量】静電容量⇒#37@物理量;
静電容量 C / F


静電容量の大綱となる 物理量は、静電容量です。

キャパシタンス C 〔F電気容量などと呼ばれることもあります単位ファラデーファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―18671)にちなんでファラ

静電容量 C 〔F定の電流 I 〔A×定の時間 t 〔s÷到達した電圧 V 〔V
静電容量 C 〔Fたまっている電気量 Q 〔C÷そのときの電圧 V 〔V
静電容量 C 〔F電気二重層容量 x 〔F/m²×電極面積 A 〔
リアクタンス X 〔Ω÷角周波数 ω 〔×静電容量 C 〔F

誘電率 ε 〔F/mセル定数 a 〔1/m×キャパシタンス C 〔F


サイクリックボルタモグラム2)では静電容量は電位掃引速度 ν 〔V/sに比例します

静電容量利用する電子デバイスキャパシタコンデンサキャパシタ(コンデンサ)3)と呼びます

電圧 V 〔V電気抵抗 R 〔Ωレジスタンス×電流 I 〔A
電圧 V 〔Vインダクタンス L 〔H×電流微分
電圧 V 〔V電気量 Q 〔C電流 I 〔Aの積分÷静電容量 C 〔Fキャパシタンス

関連書籍コンデンサとはどんなものか4)
製品コンデンサ

測定装置20130419検討中にはLCRメータ(ZM 2355,NF回路設計ブロ)用いたLCRメータ5)


ファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―1867
キャパシタ(コンデンサ)
コンデンサ
LCRメータ

静電容量を求める計算式

静電容量の細目となる 物理量

化学種 の静電容量

材料 の静電容量

<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=37'>静電容量</a><a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=37'> <var>C</var></a>〔<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Unit/@Unit.asp?nUnitID=17'>F</a>〕
山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/