🏠
🌡️ 📆 令和4年12月7日
⇒#1002@講義;

👨‍🏫 0000.1900.  20世紀

伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫

電気化学の庵 では、 「 世紀 」 の中で、 「20世紀」について 述べられています ⇒#1002@講義;。

📆 初版

物理1)は高エネルギーの世界へ。技術2)は情報の世界へ。美術3)はシュールレアリスムなど。

ニューヨークの人口が350万人、パリの人口が271万人、ロンドンの人口が659万人。

●4)

1901年、高峰譲吉(日)アドレナリンの抽出に成功。

1904年、フレミングが二極真空管を発明。

1905年(明治38年)日露戦争終結(5))。

1908年(明治41)池田菊苗(日)グルタミン酸の抽出に成功。

1907年、ド・フォーレが三極真空管を発明。

1909年、ブラウン(独)ブラウン管の作成。

1910年、旧米沢高等工業学校6)開校。

1913年、ラングミュア、ハードバルブ(真空管)を完成。

●7)

1914年(大正3)、第1次世界大戦勃発。

1915年(大正4)、中国に21カ条の要求。

1918年、秦逸三8)がレーヨン製造を実用化。

1918年、安藤博が多極真空管を発明。

【1920~9)】

1920年(大正9)、アメリカでラジオ放送が開始。

1925年(大正14)、日本でラジオ放送が開始10)。

●11)

1939年、第2次世界大戦勃発。

1941年、太平洋戦争へ。

1945年(昭和20)、広島、長崎に原子爆弾投下。終戦。

食料危機、軍需産業から平和産業へ。

12)

13)

14)

1951年、シャルガフ(米)はDNAの塩基のモル数を調べ、アデニンとチミン、グアニンとシトシンのモル数がほぼ等しいことを明らかにした。

1958年、ハリス有機電解質。

15)、人類月面到達。

16)、家電機器の普及、リチウム電池。

17)、コンピュータ、自動車の普及。

18)、インターネット、携帯電話の普及。

19)

●20)21)へ。

世界史(目次)22)



関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl1002' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1002'> ◇ </a> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Museum/MuseumGuideBook.asp'> 20世紀 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1002'> <q><cite> 20世紀 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 1900.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1002'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1002 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-12-7">2022-12-7</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1002


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.