HOME 教育状況公表 本日
⇒#1038@講義;

  技術史

伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Museum/MuseumGuideBook.asp

この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(技術史)の親単元は 高校工業 です。


産業と技術の歴史世紀1)国立科学博物館2)産業技術資料総合センター国立科学博物館 産業技術史資料情報センター3)

紀元前

30000石器発明先土器時代4)

10000土器発明縄文時代5)

3000エジプトパンからビール製造

日本で米から清酒製造

17世紀6)

1608ペルスパイ望遠鏡創製

1609ガリレイ屈折望遠鏡作成

1712ニューコメン蒸気機関発明

1657ホイヘンス振子時計発明

18世紀7)

1757ドロンド色消しレンズ発明

1775ワッ蒸気機関の改良

1769キュニョー蒸気自動車発明

1799ボルタボルタ電池発明

19世紀8)

1801トレビシ蒸気機関開発

ロマン18201850ロマン派(1820〜1850)9)

1825スチーブンソン蒸気機関ロコモーション号で人輸送

1827ニエプスアスファルト使い写真の発明

1831アンダーソンモーター発明

1837モールス有線電信機発明

民族主義18501883民族主義(1850〜1883)10)

1860ルノアールガスエンジンサイクル発明

1867ノーベルスウェーデンダイナマイト発明

1876ベル電話機発明

1877エジソンフォノグラフ蓄音機発明

1879ジーメンス電車発明

1879エジソン白熱電球発明

1880イーストマンセルロイド製写真フィルム発明

1881パスツール狂犬病の予防注射発明

1885ベンツガソリンエンジン発明

1895リンデ空気の工業的液化に成功

1897ディーゼルディーゼルエンジン開発

20世紀11)

1901明治35

19031217明治37ライト兄弟動力飛行機ライトフライヤー号の開発離陸に成功

1904明治38フレミング真空管発明

1906リーフォレスト真空管発明

1906アンモニア合成ハーバーシュ

1908自動車T型フォード発売

1910明治43米沢高等工業学校開設旧米沢高等工業学校本館(重要文化財)12)

1918安藤博が多極真空管発明

1918秦逸秦逸三(はたいつぞう)13)レーヨン製造実用化

1924宇田アンテナNHK放送博物館14)

1925ペアード機械走査式テレビジョン開発成功

1926ゴダード液体燃料ロケ開発打ち上げに成功

1930国産洗濯機冷蔵庫発売

1931ブラウンリパルサー号の開発打ち上げに成功

1960s15)

新幹線東京タワー16)富士山レーダー富士山レーダードーム館17)

1970s18)

石油液晶電卓VHSビデオ日本語ープロ

1980s19)

ウォーキングステレオCDコンピュータ

1990s20)

携帯電話の時代

2000s21)

電子マネーの時代

電子書籍

物理学史22)

関連講義

歴史産業博物館資料館歴史(産業史)博物館・資料館23)

技術史・工学史24)

関連書籍

エレクトロニクスのはなし目次

エレクトロニクスのはなし目次

電気ことはじめ
電気学のはじまり
日本電気学のはじまり
静電気から動電気
電流磁気熱の関係の発見
電流と力の関係の発明発見
電気通信のはじまり
無線通信のはじまり
半導体時代のはじまり1)

エピローグ
エレクトロニクス歴史
(1 > 半導体時代のはじまり
佐伯平二, エレクトロニクスのはなし, 技報堂出版, (1988).

出典:
エレクトロニクスのはなし(目次)
(佐伯平二. エレクトロニクスのはなし. 技報堂出版, . ) 25)

ニューイド 学研の図鑑

ニューイド 学研の図鑑 発明発見目次


科学技術1)
日本科学未来2)
でんきの科学館3)
国立科学博物館4)
NHK放送博物館5)

東芝科学館6)
トヨタテクノミュージアム産業技術記念館7)
船の科学館8)
航空科学博物館9)


地球宇宙
交通
磁石電気通信10)
記録
化学11)
運動
からだ
食品の保存12)


科学技術館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

日本科学未来館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

でんきの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

国立科学博物館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

NHK放送博物館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

東芝科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

トヨタテクノミュージアム産業技術記念館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

船の科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

航空科学博物館,航空機・飛行機
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

(1科学技術館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(2日本科学未来館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(3でんきの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(4国立科学博物館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(5NHK放送博物館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(6東芝科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(7トヨタテクノミュージアム産業技術記念館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(8船の科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(9航空科学博物館,航空機・飛行機
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(10磁石・電気・通信
志村 隆, ニューワイド 学研の図鑑 発明・発見, 学習研究社, (2007).
(11化学
志村 隆, ニューワイド 学研の図鑑 発明・発見, 学習研究社, (2007).
(12食品の保存
志村 隆, ニューワイド 学研の図鑑 発明・発見, 学習研究社, (2007).

出典:
ニューワイド 学研の図鑑 発明・発見(目次)
(志村 隆. ニューワイド 学研の図鑑 発明・発見. 学習研究社, . ) 26)

モノの世界史目次

モノ世界史目次

モノ世界史刻み込まれた人類の歩み

自然のなかから人間姿現す

都市が形成されて人間ーク複雑となり新しい装置モノからなる文明が誕生した

ユーラシア諸地域世界の様々な文明彩ったモノ

イスラム帝国モンゴル帝国下でのユーラシア規模の文明交流

大航海時代と姿現す世界資本主義の時代に新旧大陸行き交ったモノ

ヨーロの勃興演出したモノ

一九世紀ヨーロ都市膨張都市生活生み出したモノ

大衆消費社会支えるモノグローバリゼーションと地球環境問題


出典:
モノの世界史(目次)
(宮崎正勝. モノの世界史. 原書房, . ) 27)


関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> 技術史 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1038'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1038 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-7-21">2018-7-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1038

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.