🏠
🌡️ 📆 令和4年12月2日

燃料

1.

燃焼反応における還元剤。つまり燃やすもの。エネルギーの原料。燃料を燃焼することで化学エネルギー G ã€”J〕を熱エネルギー Q ã€”J〕に変換します1)。自動車の燃料はガソリン、ストーブの燃料は灯油。

燃料を供給することで連続的に発電する電池を燃料電池と言います。燃料電池の燃料としては水素、一酸化炭素、メタノールなどが使われます。

固体燃料として薪、木炭、石炭、コークス、練炭など2)、液体燃料として石油、気体燃料として、天然ガス、油ガス、石炭ガス、混成ガス、水性ガス、増熱水性ガス、発生炉ガス、高炉ガス、LPガスなどがあります3)4)。

化石燃料では燃料の燃焼によって大気中の二酸化炭素濃度が増加し、酸性雨がふると言われています。また二酸化炭素濃度が増加すると地球が温暖化して環境に悪影響をおよぼすと言う説もあります。化石燃料は地球のエネルギー資源として大切です。

原子力発電に使うウランなどの核燃料は核反応を利用するので、還元剤ではありません。

【関連書籍】5)

【関連講義】

無機工業化学,6)

無機工業化学,燃料・爆発物7)