HOME 教育状況公表 令和2年10月25日

燃料電池

1.

1.アルカリ水溶液型燃料電池
2.固体高分子型燃料電池
3.溶融炭酸塩型燃料電池
4.リン酸型燃料電池
5.固体酸化物型燃料電池
燃料使って発電する電池化学エネルギー電気エネルギーエネルギー変換する装置です1)2)

西暦19653)酸素4)酸化剤とし水素燃料とする燃料電池アポロ宇宙船の電源として実用化されました5)燃料電池は廃熱の利用コジェネレーションシステムに整合性がよくカルノーサイクルの制限も受けないので総合エネルギー効率80%にまで高められまた大気汚染心配も少ないため自動車への応用も期待されていますさらにフラーレンプロトン伝導使うことで携帯電話などへの応用も電極高価な白金使うためカーボンブラからカーボンナノホーンとの組み合わせなども試されています

燃料電池イオン運ぶ電解質の違いによってアルカリ燃料電池リン酸型燃料電池世代溶融炭酸塩型燃料電池世代固体電解質型燃料電池世代がある西暦2005年頃から溶融炭酸塩型燃料電池西暦2015年頃から固体電解質型燃料電池導入開始する

燃料電池イオン運ぶ電解質の違いで分類されることが多いのですが燃料で分類すると直接型メタノール燃料電池DMFC水素燃料電池アンモニア燃料電池ヒドラジン燃料電池などがありますそれぞれ隔膜に工夫がこらされています

関連講義無機工業化学,製塩イオン交換膜と燃料電池工業電解無機工業化学6)

関連書籍電気化学7)


ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > でんきの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校歴史 > 現代 > 1960s,現代
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 燃料電池,電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

無機工業 > 製塩、イオン交換膜と燃料電池、工業電解@無機工業化学,無機工業化学の関連科目
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).

(1ミュージ > 科学館( > 電気・ガ > でんきの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(2 > 電気化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(3高等学校 > 高校歴史 > 現代 > 1960s,現代
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(4酸素O2, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(5緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 燃料電池,電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(6無機工業 > 製塩、イオン交換膜と燃料電池、工業電解@無機工業化学,無機工業化学の関連科目
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).
(7 > 電気化学
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).