⇒#202

石炭

固体資源としてのエネルギー原料1)燃料古生代2)後期新生代古第紀の植物植物に由来する石炭化石燃料と呼ばれています石炭化は泥炭亜炭褐炭亜瀝青炭瀝青炭無煙炭の順に進み無煙炭とは炭素元素3)の割合が90%以上のものいいます4)5)

海底まで採掘すすめたところがあります6)

石炭乾留してつくるコークス7)製鉄原料もなります8)

関連講義
無機工業化学,石炭無機工業化学9)
無機工業化学,鉄鋼精錬と建材造船鉄道石炭 201010)
有機工業化学I11)
大牟田市石炭産業科学館12)

関連書籍
石油石炭の化学工業13)
燃料資源14)


高等学校 > 地学(高 > 地質時代 > 古生代,地質時代
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

ミュージ > 博物館 > いわき市石炭・化石館,博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

ミュージ > 秋田大学附属鉱業博物館,ミュージアム
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

化学・化 > 宇部興産株式会社宇部本社,化学・化学分析関係
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2004).

鉄鋼関連 > 新日本製鐵株式会社 君津製鐵所,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).

無機工業 > 金属工学 > 石炭@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).

無機工業 > 2010 > 鉄鋼精錬と建材、造船、鉄道、石炭 (2010),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).

ミュージ > 歴史(産 > 大牟田市石炭産業科学館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).

(1 > 石炭化学・炭素材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(2高等学校 > 地学(高 > 地質時代 > 古生代,地質時代
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(3炭素CarbonC, (元素).
(4ミュージ > 博物館 > いわき市石炭・化石館,博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(5ミュージ > 秋田大学附属鉱業博物館,ミュージアム
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(6化学・化 > 宇部興産株式会社宇部本社,化学・化学分析関係
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2004).
(7 > 石炭化学・炭素材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(8鉄鋼関連 > 新日本製鐵株式会社 君津製鐵所,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).
(9無機工業 > 金属工学 > 石炭@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).
(10無機工業 > 2010 > 鉄鋼精錬と建材、造船、鉄道、石炭 (2010),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).
(11有機工業化学I,物質化学工学科(Aコース),etc,物質化学工学科,山形大学
多賀谷 英幸,シラバス-山形大学, (2010).
(12ミュージ > 歴史(産 > 大牟田市石炭産業科学館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).
(13 > 石油・石炭の化学工業
松田治和 足立吟也, 工業化学2, 実教出版, (2002).
(14 > 燃料資源
資源問題研究会, 世界資源マップ, ダイヤモンド社, (2008).
有機工業化学I有機工業化学有機工業化学