⇒#3179

1、2、3、4、。。。数学で取り扱う数えるということのモデル演算の対象。数をあらわす文字を数字といいます。個と個の対応を考えるデジタル的な基数と、の大小を考えるアナログ的な序数があります。数を分類すると自然数、整数、分数、有理数、無理数、超越数、実数虚数、複素数、などがあります。数と数量といいます。実験で得られるデータ物理量であって単位のついた数量集合です。代数構造には単位1や零元2などを定義します。数から数への写像関数といいます。
(1 = 1単位元, (物理量).
(2 = 0零元, (物理量).
確率統計学機械システム概論