HOME 謨呵ご迥カ豕∝ャ陦ィ 譛ャ譌・
エネルギー変換化学特論

等価回路

電気抵抗と導電率

電気抵抗R〔F〕は電圧Vと電流Iの比例定数。

電気抵抗の概念図 ( ©2016  赤間未行
抵抗率
抵抗率
電気化学 電気と化学―電池と豆電球のつなぎ方と電流・電圧の測り方― リサージュ

静電容量と誘電率、二重層容量

静電容量C〔F〕は電圧と電気量の比例定数。 電気量は電流の積分。誘電率は電界電界の強さE〔V/m〕と電荷密度の比例定数。 誘電率はベクトル。 等方性物質ではすべてのベクトルは等しいが、異方性物質では誘電異方性を持ちます。 バルクの分極には静電誘導と誘電分極、界面の分極には二重層容量と配向分極があります。静電誘導は金属、誘電分極は主にイオン化合物、二重層容量は電極と主に電解液中のイオン、配向分極は主に界面での極性分子によって起こります。

抵抗とコンデンサの並列

現実問題として、異なる導電率の媒体の中を電流が通過すれば、その導電率の変化する箇所に必ず電荷がたまるので、 抵抗とコンデンサの並列というのはもっとも一般的な等価回路と言えます。

電気抵抗とコンデンサの並列接続の概念図 ( ©2016  赤間未行stl (STL形式)
電気抵抗とコンデンサの並列接続に電気抵抗を直列接続した概念図 xls (Excel形式)

http://www.science-t.com/st/cont/id/24425
http://www.science-t.com/st/cont/id/25775

蓄電・蓄エネをインフラに頼らない自エネ組。エネルギーマネジメントも自分たちで。

02. データ通信技術からスマートグリッドまで〜ライフラインとしてのインターネット〜

立花研究室(要認証)
山形大学 准教授

伊藤智博

山形大学 大学院 理工学研究科
C1ラボラトリー
992-8510 山形県 米沢市
城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科 3-3301
Tel: 0238-26-3753
URL: http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

QR繧ウ繝シ繝
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/_14/Equivalent_Circuit.asp

SSL縺ョ莉慕オ縺ソ

縺薙ョ繝槭シ繧ッ縺ッ縺薙ョ繝壹シ繧ク縺ァ 闡嶺ス懈ィゥ縺梧守、コ縺輔l縺ェ縺驛ィ蛻縺ォ縺、縺縺ヲ莉倥¢繧峨l縺溘b縺ョ縺ァ縺吶

螻ア蠖「螟ァ蟄ヲ 繝繝シ繧ソ繝吶シ繧ケ繧「繝。繝九ユ繧」遐皮ゥカ謇
縲992-8510 螻ア蠖「逵邀ウ豐「蟶蝓主漉4荳∫岼3-16 シ灘捷鬢ィシ育黄雉ェ蛹門ュヲ蟾・蟄ヲ遘第」滂シ 3-3301
蜃謨呎肢 莨願陸譎コ蜊
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.