HOME 教育状況公表 本日
⇒#4386@講義;

0005.  セルの組立―電池式の書き方と電極の呼び方―

立花和宏、仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52255/52255_05.asp

この 講義 エネルギー化学 の単元です。 この講義(セルの組立―電池式の書き方と電極の呼び方―)の親単元は (null) です。

初版

化合物表すのに化学式使います化学式には組成式やイオン式などがあります

化合物化学式で表すように電池表すには電池式があります電池式アノード左側に書くのが慣例です 電池式縦棒|相と相との界面表しています

 電池の表記と特性
©Copyright 2019 Naoto Imai all rights reserved.

電池には電極があります酸化起きる極アノード還元起きる極カソード呼びます 以前はアノード陽極カソード陰極と呼びましたが正極陽極まぎらわしいのでアノード呼びます アノードは電流が外部回路から流れ込む極ですカソードは電流が外部回路へ流れ出す極です アノードカソードは電流の向きに注目した呼び方です それとは別に正極と負極という呼び方があります 電位の高い極正極電位低い方負極呼びます 正極負極電位高低に注目した呼び方です

電池には固有の表記法がありそれには電池の原理と仕組みに関する合理的那内容が盛り込まれている


出典:
電池の表記
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, p.64. ) 1)

10円玉と円玉で電池作ってみよう手のひらに10円玉と円玉置いて電圧計で電圧測定する何Vになったか?

 コイン電池(人間電池)
©Copyright 2019 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

https://edu.yz.y…

テキスト最新工業化学―持続的社会に向けて―2)

テキスト現代の電気化学3)

テキスト工業技術基礎4)

 ダニエル電池の写真
©Copyright 2019 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

電気化学セルには極式と極式があります注目する電極試料極と言います

関連講義

無機分析化学応用実験,塩化銀電極基準電極作成とエレクトロメータ較正銀|塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正1)

卒業研究-電気化学2004,種の電極金属|難溶性塩|電解質第二種の電極(金属|難溶性塩|電解質)2)

セルの組立―電池式の書き方と電極の呼び方―3)


銀|塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
第二種の電極(金属|難溶性塩|電解質)
セルの組立―電池式の書き方と電極の呼び方―


出典:
電気化学セルの構成
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . ) 5)

 セル定数
©Copyright 2019 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

標準電極電位 E 〔Vは水素電極に対する標準状態の電極電位です

電極電位測定するときは見かけの電流が流れていない平衡状態測定します


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 小林一也. <q><cite> セルの組立―電池式の書き方と電極の呼び方― </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11273'> エネルギー化学 <a/a> 講義ノート, 2015. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4386'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4386 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-24">2019-8-24</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4386

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.