🏠
🌡️ 📆 令和6年7月20日
⇒#4304@講義;

👨‍🏫 0005.0001.  電池式の書き方と電極の呼び方

立花和宏、仁科辰夫

エネルギー化学 では、 「 セルの組立―電池式の書き方と電極の呼び方― 」 の中で、 「電池式の書き方と電極の呼び方」について 述べられています ⇒#4304@講義;。

📆 初版
#化学式

化合物を表すのに化学式を使います。化学式には組成式やイオン式などがあります。

図 ãƒ€ãƒ‹ã‚¨ãƒ«é›»æ± ã®æ¨¡å¼å›³
©Copyright 2021 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

ダニエル電池 電池式 Zn | Zn2+ || Cu2+ | Cu

化合物を化学式で表すように、電池を表すには電池式があります。電池式はアノードを左側に書くのが慣例です。 電池式の縦棒(|)は相と相との界面を表しています。

図 é›»æ± ã®è¡¨è¨˜ã¨ç‰¹æ€§ï¼ˆé›»æ± å¼ï¼‰
©Copyright 2021 Naoto Imai all rights reserved.

1)

界面の厚みはないものとみなします。

? Zn | Zn2+ || Cu2+ | Cu ??? ( * )

図 é›»æ± ã¨é›»æ± å¼
©Copyright 2021 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

電池には電極があります。酸化が起きる極をアノード、還元が起きる極をカソードと呼びます。 以前はアノードを陽極、カソードを陰極と呼びましたが、正極と陽極がまぎらわしいのでアノードと呼びます。 アノードは電流が外部回路から流れ込む極です。カソードは電流が外部回路へ流れ出す極です。 アノード、カソードは電流の向きに注目した呼び方です。 それとは別に正極と負極という呼び方があります。 電位の高い極を正極、電位の低い方を負極と呼びます。 正極、負極は電位の高低に注目した呼び方です。

【反応式】Zn<->Zn(2+)

  Zn2+ + 2e- ↔   ZnEº = -0.7626V
(反応-3)

【反応式】銅:Cu<->Cu(2+)

  Cu2+ + 2e- ↔   CuEº = 0.34V
(反応-125)

2)



関連の展示品


表


◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl4304' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4304'> 👨‍🏫 </a> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52255/52255_05.asp'> 電池式の書き方と電極の呼び方 </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花和宏、仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4304'> <q><cite> 電池式の書き方と電極の呼び方 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11273'> エネルギー化学 <a/a> 講義ノート, 2015.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4304'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4304 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-7-20">2024-7-20</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4304
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.