HOME 教育状況公表 令和3年6月15日
⇒#4387@講義;

0005.0002.  電極間距離と電極面積-電気力線とセル定数-

立花和宏、仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52255/52255_05.asp

エネルギー化学 では、 「 セルの組立―電池式の書き方と電極の呼び方― 」 の中で、 「電極間距離と電極面積-電気力線とセル定数-」について 述べられています ⇒#4387@講義;。

初版

同じ電解液であれば抵抗は電極間距離に比例し断面積反比例します このときの電極間距離と断面積の比セル定数言います

ふつうは電極面積や断面積独立に測定するのではなく既知の導電率の電解液でセル満たして抵抗測定そこkだらセル定数求めます

https://edu.yz.y…

物理量セル定数 a 〔1/m

電気回路は電池の中で途切れているわけではありません 電池中で電流はイオンしてアノードからカソードへ流れます 電解液の中のイオン電界の強さ E 〔V/mによって F 〔N〕 受けるからです このようにイオンが力受けて移動する道筋電気力線といいます 電気力線途中で途切れることもなければ交わることもありません

同じ電解液であれば抵抗は電極間距離に比例し断面積反比例します このときの電極間距離と断面積の比セル定数aと言います抵抗率 ρ 〔Ω·m電気抵抗 R 〔Ωセル定数 a 〔1/m割った物理量です

(数式-23)

(数式-9)

 セル定数にまつわる物理量
備考
セル定数電気抵抗 R 〔Ω抵抗率 ρ 〔Ω·m×セル定数 a 〔1/m
抵抗率 ρ 〔Ω·m電界の強さ E 〔V/m÷電流密度 J 〔A/m²
電極間距離電界の強さ E 〔V/m電圧 V 〔V÷電極間距離 d 〔m
電極面積実験室でよく使う旗型電極の電極面積は 1cm2
電流密度 J 〔A/m²電流 I 〔A÷電極面積

 セル定数
©Copyright 2020 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.


 301 平板電極の間に置かれたアニオン

 302 平板電極の間に置かれたカチオン

 303 平板電極の間の等電位線

 304 電場集中のある等電位線

 305 単極式の等電位線

 306 単極式の電気力線

 307 単極式の電場

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


平常演習 Web Class

課外報告書 Web Class



<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4387'> ◇ </a>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花和宏、仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4387'> <q><cite> 電極間距離と電極面積-電気力線とセル定数- </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11273'> エネルギー化学 <a/a> 講義ノート, 2015.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4387'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4387 </a> ,  (参照 <time datetime="2021-6-15">2021-6-15</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4387

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.