HOME 教育状況公表 本日
⇒#995@レビュー;

2.1. 電気化学系の電気伝導, p.8

山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学 . 丸善,.

参照元

講義ノート


出典・引用元

レビュー】電気化学系の電気伝導⇒#995@レビュー;
山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, 2012. p.8.
http://pub.maruzen.co.jp/

引用・概要・要約・抄訳

電子伝導イオン伝導

固体液体気体の電気伝導機構

導電率と濃度

当量電気伝導度


書評・注釈・コメント

物理量導電率 κ 〔S/m当量導電率 Λ 〔S・m2・mol体積モル濃度 M 〔mol/m3

プロ濃度導電率1)

関連書籍


出典:
電気化学
(Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳. アトキンス物理化学要論 第5版. 東京化学同人, . ) 2)

電気化学
溶液中のイオン
デバイヒュケルの理論
イオンの移動 移動度1) 粘度2)
イオンチャンネルイオンポンプ
化学電池
半反応電極3)
電極反応
種々の電池4)
電池反応5)
起電力6)
燃料電池
平衡状態電池7)
標準電位8)
電位のpHによる変化
pHの決定
標準電位の応用
電気化学系列
熱力学関数の決定

アトキンス物理化学要論目次9)

アノード カソード ガルバニ電池 デバイヒュケルの極限則 コールラウシュの法則 レドックス反応
(1移動度  [m2/V・s(平方メートル毎ボルト毎秒)].
(2粘度  [Pa・s(パスカル秒)].
(3電気化学 > 半反応と電極
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(4電気化学 > 種々の電池
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(5電気化学 > 電池反応
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(6電気化学 > 起電力
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(7電気化学 > 平衡状態の電池
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(8電気化学 > 標準電位
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(9 > アトキンス物理化学要論(目次)第4版
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

出典:
電気化学
(P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. 物理化学要論. 東京化学同人, . ) 3)

電気化学測定法目次

目次
1 電気化学への入門1)
2 基礎的電気化学プロセス2)
3 電気化学測定法のための装置3)
4 電気化学セルの構成4)
5 電流電位曲線の測定電流電位曲線の測定 5)
6 ポテンシオメトリー電位と化学反応
7 クーロメトリー電気量から化学反応さぐる
8 ポーラログラフィー微量測定が可能
9 インピーダンス測定界面へのアプローチインピーダンス測定6)
10 コンダクトメトリー:界面情報からバルク情報へ7)
11 化学センサーデバイス化された計測化学センサー:デバイス化8)
12 回転リングディスク電極電極反応プロセスさぐる
13 過渡現象追う速い反応の測定
14 ありのままの電極表面をとらえる9)
15 表面状態測定法:電極表面をプローブする10)
16 光電気化学太陽エネルギーも変換できる
17 生物電気化学生体機能さぐる
18 エレクトロオーガニクケミストリー新しい有機合成


出典:
電気化学測定法(目次)
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . ) 4)

電気化学の基礎 : 電気化学志す人へ目次

電気化学の基礎 : 電気化学志す人へ目次

序論
溶液の電気伝導
イオンの熱力学的諸性質
イオン間の相互作用
イオン電極の平衡
つの電極からなる平衡系
液間電位と膜電位
溶液電極界面1)
電極反応の速さ
物質移動電極反応速さ
半導体電極
電極の化学


(1 > 溶液と電極の界面
喜多英明, 魚崎浩平著, 電気化学の基礎 : 電気化学を志す人へ, 技報堂出版, (1983).

出典:
電気化学の基礎 : 電気化学を志す人へ(目次)
(喜多英明, 魚崎浩平著. 電気化学の基礎 : 電気化学を志す人へ. 技報堂出版, . ) 5)

電気化学目次

電気化学

電気化学の歴史

18世紀1)

1791ガルバニ電池

1800ボルタ電池

19世紀2)

1833ファラデー電気分解の法則

1839グローブ燃料電池発見

電気化学の基礎

電極界面モデル

電解の化学

エネルギー貯蔵電気化学

鉛電池

酸素過電圧水素化電圧が大きい

燃料電池電気化学

太陽電池

最新工業化学持続的社会に向けて目次

最新工業化学持続的社会に向けて目次

工業化学の新しい動向1)
無機薬品・材料化学2)
電気化学3)
石炭化学・炭素材料4)
石油精製・石油化学5)
高分子化学6)
有機ファインケミカルズ7)
生物化学8)
持続可能な社会づくり9)


出典:
最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 3)


出典:
電気化学
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 7)


科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<li> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=995"> 2.1. 電気化学系の電気伝導, p.8 </a> <br/> 山下正通、小沢昭弥. <cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=35"> 現代の電気化学 </a> </cite>. 丸善, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=995"> 参照 2010-8-17T15:36:49+09:00 </a> ) . </li>


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=995

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.