HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
情報処理概論

受講成果のホームページへの公開用システムの使い方

受講成果のホームページへの公開

本学の教育用公開ウェブサービスを使用して,受講成果をホームページとしてまとめます.

1.課題へのエントリー

図1のQRコードを読み取る または 次のURLを入力して,https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Syllabus/LectureHistoryEntryQR.aspx にアクセスしてください.

図1 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Syllabus/LectureHistoryEntryQR.aspx

課題番号と学生番号,学生番号の右からn桁目の数字を1文字を入力して,課題登録をクリック(タップ)してください.

学内からのコンテンツのアップロード

課題提出フォルダは,\\yzdn\dfs\share6\www\Public\(時間割コード)\(受講年度)\(ユーザー名)です.

例)\\yzdn\dfs\share6\www\Public\52227\2015\tab12345

ファイルエクスプローラ(エクスプローラ)を起動して,課題提出フォルダ にアクセスしてください.

この課題提出フォルダにHTML形式のファイルを保存してください.作成したコンテンツは,即公開されます.学術情報基盤センターの実習室のパソコンから,アクセスできます.

HTML形式ファイルの記述の仕方

拡張子は,htmlです.例)index.html

htmlファイルの記述方法は,HTMLクイックリファレンスを参考にしてください.

公開URL

公開URLは,https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/(時間割コード)/(受講年度)(ユーザー名)/(ファイル名)です.

例) https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52227/2015/tab12345/index.html 

自宅などからのFTPによるアップロード

コンテンツのアップロードは,学内からのコンテンツのアップロードを推奨しますが,自宅などからアップロードしたいときは,下記の説明に従ってFTPSによるアップロードを行ってください.

自宅などからFTPS(FTP over SSL)プロトコルによってコンテンツをアップロードできます.動作確認済みのFTPクライアントソフトウェアは,FFFTPWinSCPです.FTPクライアントソフトウェアをダウンロードしてインストールしてください.

表1にコンテンツアップロード用FTPサーバの設定パラメータを示します.FTPクライアントに表1のパラメータに従って設定をしてください.

表1 コンテンツアップロード用FTPサーバの設定パラメータ
項目 パラメータ
ホスト名 edu.yz.yamagata-u.ac.jp
ポート番号 21
暗号化 SSLで接続 (FTP over SSL)
ホスト側初期フォルダ /www/Public/[時間割コード]
例:/www/Public/54299(物質化学工学科 卒業研究の場合)
ユーザー名 学術情報基盤センターが発行した教育用アカウント
例)tab12345
パスワード 学術情報基盤センターの端末にログオンするときのパスワード
公開URL https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/[時間割コード]
例)https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299(物質化学工学科 卒業研究の場合)

リファレンス


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52227/52227_06_01.asp