HOME 教育状況公表 本日
⇒#4048@講義;

0007.  電池の起電力―銀塩化銀電極とネルンストの式―

立花和宏、仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52255/52255_07.asp

この 講義 エネルギー化学 の単元です。 この講義(電池の起電力―銀塩化銀電極とネルンストの式―)の親単元は (null) です。

初版

電池の起電力簡単測るにはディジタル回路計使う方法があります

ただその場合ディジタル回路計の入力インピーダンス小さいと回路計に流れる電流が大きくなり平衡状態からずれてしまいます

そこで平衡状態保ちながら電極電位測定するには電位差計使います

電位差計は原理的にもっとも正しいのですが現在電子回路使って同等の性能示すエレクトロメ

ーターうのが般的ですエレクトロメーターポテンショスタの機能として実装されていることが多

いです

化学反応で金属リチウム作れるか?

物質の酸化力と還元力測定するには?

電圧と電位

電流流さず電圧測定するということ

エレクトロメータの較正

電位差計(ポテンショメーター)

イオン化傾向と電極電位

照電極とは

塩化銀電極基準電極作成

ダニエル電池の作成と単極電位

 ダニエル電池の模式図
©Copyright 2019 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

 ダニエル電池の写真
©Copyright 2019 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

溶解度積および生成定数の決定

電極電位の濃度依存性

ネルンストの式

物理量起電力 E 〔V

レビュー

化学センサーデバイス化された計測

イオンセンサー
ガラス電極 pHメーター

ガスセンサー
酸素センサー
DO1)

クラーク電極 溶存酸素

過酸化水素センサー
酵素センサー

半導体

物理量物質量2)
(1DO x / .
(2物質量 n / mol.

出典:
化学センサー:デバイス化
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . ) 1)

測定装置土壌酸度(pH)土壌酸度(pH)計2)

関連講義山形大学工学部,電位差計3)

計算式

関連講義

電池の起電力~平衡論的取り扱い~4)

電池の起電力(平衡論)5)

関連書籍

電気化学への入門
水に電気流す
水素酸素発生
電極呼び方
ファラデー法則
電極方式から電極方式へ

電気化学測定法目次1)

(1電気化学測定法(目次)
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).

出典:
電気化学への入門
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . ) 6)

http://wakariyas…

電位差計(ポテンショメーター)
土壌酸度(pH)計

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 山下正通、小沢昭弥. <q><cite> 電池の起電力―銀塩化銀電極とネルンストの式― </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11273'> エネルギー化学 <a/a> 講義ノート, 2017. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4048'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4048 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-19">2019-6-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4048

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.