HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒#4191@講義;

電極電位の濃度依存性

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学 の単元です。


この講義の概要


概要

電極電位の濃度依存性ネルンスト

結果Fe3+,Fe2+系の電位[V vs. Ag/AgCl]と濃度比の片対数プロ

ネルンストの式使って5)イオンの濃度変えたときの酸化還元電位計算する0.1M硫酸に硫酸鉄アンモニウム(II)硫酸アンモニウム(III)溶解して0.025M鉄イオン(II)0.025M鉄イオン(III)溶液調整これらの溶液混合して種々の濃度比の電解液調整する次に銀塩化銀電極と電池組み補償法およびエレクトロメータよって起電力測定するイオン(II)イオン(III)濃度比は濃度中心に片対数方眼紙上で等間隔になるように少なくとも5点以上測定する片対数方眼紙へのプロは測定と同時に行うことプロから最小乗法によって求めた傾きがRT/nFになること確認する

Pt/Fe3+,Fe2+,0.1M H2SO4//KCl/AgCl/Ag

   
溶液の調整左図 ポテンシャルメータ中央図 ネルンストプロ右図

?設問ネルンストの式によれば電位は濃度依存性があるがそれはどうしてか?
?設問0.025M鉄イオン(II)のみイオン(III)0の場合あるいはその逆の場合はネルンストの式による電位はどうなるか?
?設問イオン(II)と鉄イオン(III)の組み合わせとしてフェリシアンカリウムフェロシアンカリウムの系について行った場合はどうか?

物理量標準電極電位1)

計算ネルンストの式2)

化学種硫酸アンモニウムU3)
反応式Fe(2+)<->Fe(3+)4)


(1標準電極電位 E / V.
(2ネルンストの式, (計算).
(3硫酸アンモニウム鉄(U)(NH4)2Fe(SO4)2, = 284.05112 g/mol, (化学種).
(4)   Fe3+ + e- ←→   Fe2+, = 0.771 V, (反応-141).

関連の展示品

参考文献書籍論文 ・URL)

課題



<li> <article> . <q><cite> 電極電位の濃度依存性 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11273'> 電気化学 <a/a> 講義ノート, 2014. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4191'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4191 </a> ,  (参照 <time datetime="2017-9-24">2017-9-24</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4191