HOME 教育状況公表 本日

化学英語U

緊急時の対応

現在のホットな化学関連の研究テーマはなにか,そうした先端的な実際の研究はどのように進められるのか,などは学術雑誌に掲載された論文を読むことで理解できる場合が多い。さらに,研究に必要な情報を得るためには,論文の検索とその読解は避けて通れない。これは研究ばかりではなく,実務的な技術開発などの場合も同様である。多くの論文は英語で記述されているために,技術者,研究者としては専門的な化学英語論文の読解は不可欠な素養である。 近くは卒業研究に入るための準備として,遠くは技術者や研究者として不断の研鑽のために,研究や開発の分野における化学文献を調査し,英語文献を読むトレーニングを積む。

消耗品

  1. ガイダンスとテスター(回路計)の使い方とメンテナンス

    研究 のアイディアが全て指導教員に由来するものであり、そこで用いられている手段が全てその教員によって提供されたものであっても、 その研究の内容を記述した論文などを書いたのが学生ならば、著作者はその学生となります。 学生の書いた文章や 等の無断使用は、その由来や扱い方にも依りますが、 著作権法 上違法となる可能性があります。 学術研究の指導の過程において、学生が作成した動画、音声及び写真を含む 等を、 指導 教員が自身の著作物に転載して使用することについて、学生に許諾を得るための様式を作成しました。 学生が作成した文章や図を使用する際には、事前に学生さんの了解を得た上で、 その文章や図を使用する論文の共著者にしておくことが重要となります。

    動画、音声及び写真を含む図表等の転載許諾書
    情報処理概論:検索エンジンから特許電子出願まで〜DNA配列は特許になるか?〜 物質化学工学実験W 卒業研究

    他の著作物の一部分を自由に掲載するためには、以下の条件 を満たす必要があります。これらは著作権法の第32条(引用)と 第48条(出所の明示)に基づきます。

     例えば、他の著作物中の写真や を転載することは、通常、 この引用の条件範囲を超えると考えられることが多いので、著作権者の許諾が必要です。

     著作権者の許諾が必要な掲載を「転載」と言うことがあります。

    この転載許諾の場合も、出典は通常明示されます。

     参考文献として記述することは、この出典の明示にあたります。

    科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

  2. EAGLEによる回路図の作成とウェブ公開

    2. 定電圧源(電圧リファレンス)とアッテネータ ブレットボードとICを使った電圧基準の作成 標準電池との比較 電圧降下の確認

EAGLEによる回路図の作成とウェブ公開

定電圧源(電圧リファレンス

3. 定電圧源(電圧リファレンス)とボルテージフォロワー(Follower),可変抵抗器→バリアブル電源? コイン起電力の測定ボルテージフォロワーによる電圧源の電圧降下の改善 【輪講】

報告と3D CADとウェブ公開

カレントフォロワー(電流計)と電流源

4.カレントフォロワー(電流計)と電流源(定電圧源+高精度抵抗(0.1%)),銅クーロメーター銀ぺーすと(銀塩化銀インク)を使った銀塩化銀電極の作成 http://www.bas.co.jp/1612.html 11月

電圧検出器とポテンショスタットの作成

5. 電圧検出器とポテンショスタットの作成 3極式せるの作成 【輪講】 6.ウィーンブリッジ 7. 8. 【部品検索】 電圧基準 候補 AD586 DIP 5V±2mV ,最大36V(Supply) 45mA AD291 TO-92 4.096 V 〇REF02 (標準器っぽい<DIP) AD, MAXIM,TIから提供可能 AD, REF02CPZ http://jp.rs-online.com/web/p/voltage-references/5229076/ http://www.mouser.jp/ProductDetail/Analog-Devices/REF02CPZ/?qs=sGAEpiMZZMuBck1X%252b7j9fJ909qbP0fXHZVrvopOZUmE%3d LM336Z−5.0 (秋月電子),TO-92, 基準電圧5.0V 動作電圧 10V(データシート例),10mA 高精度抵抗0.1% 25ppm \120- 秋月電子 100, 1k, 10k OPアンプ候補 OP275 The output is capable of driving 600様oads to 10 V rms while maintaining low distortion. THD + Noise at 3 V rms is a low 0.0006% Input offset voltage is guaranteed at 1 mV and is typically less than 200 μV. 2回路 200円/個 以前

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53275/53275.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.