HOME 教育状況公表 本日
⇒#11227@シラバス;

化学英語Ⅱ(C1)

2010-11-25  山形大学
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53275/53275.asp


このシラバス3964 科目 として開講されています。


概要

授業概要

テーマ

現在な化学関連の研究テーマなにかそうした先端的な実際の研究はどのように進められるのかなどは学術雑誌に掲載された論文読むことで理解できる場合が多いさらに研究に必要な情報得るためには論文の検索とその読解は避けて通れないこれは研究ばかりではなく実務的な技術開発などの場合も同様である多くの論文は英語で記述されているために技術者研究者としては専門的な化学英語論文の読解は不可欠な素養である

ねらい

近くは卒業研究に入るための準備として遠くは技術者や研究者として不断の研鑽のために研究や開発の分野における化学文献調査英語文献読むトレーニング積む

目標

英語の化学文献読む力養うこと研究室で少人数の個別指導受けることで研究室というものの様子知り研究関する情報収集の仕方についての基礎的事項への関心促す

キーード

文献検索化学英語コミュニケーション

授業計画

授業の方法

学生少人数に分け4-6人程度各講座の担当教員のところで研究室のゼミ等に加して英語文献の読み方と発表の指導受ける

日程

1 ガイダンス

スケジュール表に従いグループに分かれて各指導教員から英語論文受け取り各自指導受けながら論文訳してまとめる

担任に論文の和訳12枚にまとめたもの提出する

週目から指導教員が変わりもう回繰り返す

都合つの英語論文読んでまとめる作業行う

学習の方法

受講のあり方

物質化学工学科の必修科目である学生は研究室に出向き各担当教員から英語文献の読み方やパソコン論文抄録の作成の指導受けるまた休む場合には理由担当教員へ届ける必要がある

予習のあり方

専門用語英語や論文英語の訳し方パソコンでのレポート作成手法学ぶ

復習のあり方

最後にどのような論文読んだかレポート提出する必要があるのでそのためにはきちんと整理しておく必要がある

成績評価の方法

成績評価基準

担当教員が60点満点で評価し提出レポートの評価40加えて100点とするその結果が60点以上合格とする

方法

普段の学習態度レポート作成能力など評価する評価指導した教員によって行われる

テキスト

なせばなる

基礎

技術者倫理

考書

化学英語の活用辞典化学同人

化学英和用語集化学同人

小川加藤塩川化学文献の調べ方 4化学同人

時実化学情報 文献データベースへのアクセス東京化学同人

インタラクティブ有機化学英語 有機合成化学協会無料でダウンロード

科目の位置付け

この講義は物質化学工学科の学習教育目標創造力およびコミュニケーション能力育成主に対応する

その他

学生へのセージ

研究進めるうえで国際的な学術雑誌に掲載される英語論文の読解は必須のものである英語力は地道な努力嫌っていては身につかない興味の持てる英文読みこれまで学んだ化学や物理の知識駆使して内容理解するように努力しよう

履修に当たっての留意点

物質化学工学科の必修科目である休む場合には理由担当教員へ届ける必要がある

オフィス

各教員のオフィスア号館ホールの掲示板に掲示されている

関連講義卒業研究-電気化学2004,講義2011講義2011_H23@C11)

山形大学工学部2)

輪講-C13)

自動翻訳機POCKETALK4)

自動翻訳機POCKETALK

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11227

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.