HOME 教育状況公表 令和4年5月23日

技術者倫理

山形大学  理工学研究科(工学系)  化学・バイオ工学科  會田忠弘・ 立花和宏

技術者倫理 Web Class syllabus 57420 C1 📆 木曜日3・4 ) 🏫 ( 中示範B)
English Korea 簡体 繁体

あらゆる近代技術は危険なものを安全に使いこなす知恵だといいかえてもよい。それゆえ、技術者には専門的な能力に加え、高い倫理性が要求される。では技術者の倫理にゆだねられているものとはな何なのか~技術者の倫理が問われるのはどのような場合なのか~技術者が専門的な職務を遂行する上で、倫理的な葛藤に遭遇した場合、どのように対処すればよいのか~近代技術の発展の歴史を踏まえて、さまざまな事例を通して議論する。 技術者として20年、30年と仕事をしていれば、否応なしにさまざまな倫理的な葛藤を経験するだろう。そのようなとき適切な行動をとるための指針を得ることをねらいとする。

✏ 平常演習 Web Class
✏ 課外報告書 Web Class
技術者倫理
  1. 哲学と思想-技術者倫理の位置づけ-
  2. 善悪と損得-個人の利益と公共の福祉-
  3. ルールの表現と形式化-コンプライアンスと知的財産権-
  4. リサイクル-環境保全と資源問題-
  5. 安全と品質管理-事故と不良品の原因-
  6. 未来へ向けて-地球温暖化と人口爆発-
  7. 倫理が問われるとき-バイオテクノロジーと情報技術-
川島織物

教科書 ・参考書

  1. 中村 収三 編著, 技術者による実践的工学倫理 第4版 , 化学同人 , p. (2013).
  2. 松林光男/渡部弘 著, イラスト図解 工場のしくみ , 日本実業出版 , p. (2013).
  3. 小林一也, 工業技術基礎 , 実教出版 , p. (2002).
  1 技術者倫理・技術倫理が問われる場合
技術者倫理と技術倫理が問われる場合。 代表的事例
技術者倫理 技術者個人の判断が問われる場合。
1. 故意に危害を加えようとして技術を行使した場合 オウム真理教サリン事件
4. 危険があるとの情報を得ながら、無視して技術を行使し、危害を及ぼした場合 サリドマイド事件、薬害エイズ事件、 チャレンジャー事故
5. 危険がおよんでいるとの指摘を受けながら、対策を怠り、被害が拡大した場合 水俣病 アスベスト、カネボウ化粧品による白斑発症事件
6. 危害がおよんでいるとの訴えを、官憲の力に頼って抑え込もうとした場合 足尾銅山鉱毒事件
7. 十分な注意を怠ったため、危害をおよぼした場合 森永ヒ素ミルク事件、カネミ油症事件、 雪印乳業食中毒事件
9. 必要な安全対策をとらずに技術を行使し、危害を及ぼした場合 インド・ボパール殺虫剤事故、エクスポランド・ジェットコースター事故
11. 不適切な技術を行使したために危害を及ぼした場合。 核燃料工場臨界事故
12. 危害を及ぼすことはなかったかが、法令違反を隠したことが明らかになった場合 原子炉トラブル隠し
14. 社会に問うことなく、危険が予想される技術を行使して、危害を及ぼした場合 ファイル交換ソフト「ウィニー」事件
16. 他人の知的財産権を侵害して、技術を行使した場合
技術倫理 技術者個人の判断で対応できない場合。
24. 大きな危害をもたらすと喧伝されたが、それほど深刻な問題ではないと明らかになった場合 水銀法食塩電解、焼却炉ダイオキシン、内分泌かく乱物質
25. リスクの評価の誤りが重大な事故をもたらした場合 原子力発電
26. 社会的な合意が不十分なまま、技術が行使されるのではないかとの危惧がもたれている場合 遺伝子操作技術クローン技術
27. 人類の活動が拡大しすぎたために、技術が危機をもたらしている場合。 地球温暖化
28. 非人道的軍事目的に技術が行使される場合 核兵器、 生物化学兵器、対人地雷
  • 2. 技術者倫理が問われる場合, p.15
    近畿化学協会・工学倫理研究会. 技術者による実践的工学倫理第4版 . 化学同人,2006-4-20 ( 参照 2020-9-18 ) .
  • 参考文献

    a b d

    ©2022 Kazuhiro Tachibana

    このマークは本説明資料に掲載している引用箇所以外の著作物について付けられたものです。



    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/57420/57420.asp


    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.