HOME 教育状況公表 令和3年1月27日

16.背景

輪講Ⅰ 輪講 WebClass Syllabus 54700 54750 Files 研究プロジェクト C1 3-3301へ入室

【授業の到達目標】 輪講を通じて、英語を含む専門文献の読解力を養い、説明の仕方に習熟し、質疑応答等の討議に積極的に参加する習慣を身につける。そのため,技術系の英語を 含む専門文献が抵抗なく読みこなせる能力を身につけ、講師として、他人に理解してもらえるように説明する能力を養う。また、聞き手として、講師の説明がわ からない部分について的確に質問できる能力を養う。 <目標> 1)卒業研究に関連した分野の英語論文が読め、内容が正しく理解できる 2)論理的な思考力・記述力、発表・討議能力、コミュニケーション基礎力を身につける 3)発表のための スライド等を用意し、それを使って効率よく発表内容を説明できる 4)質問者に対して適切な回答を行うことができる 5)他人の発表や考え方に対して質問を行い、自分の考えを要領よく伝えることができる 【授業概要(キーワード)】 調査、文献、特許、論文、検索、英語

科研費申請 を参考に、文献検索をして、研究計画を立ててみよう。

夏休みの終わり 輪講Ⅱ
山形大学 准教授

伊藤智博

山形大学 大学院 理工学研究科
C1ラボラトリー 仁科・伊藤(智)研究室
992-8510 山形県 米沢市
城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
Tel: 0238-26-3753
URL: http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/54297_16.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.