HOME 教育状況公表 本日
⇒#11233@シラバス;

物質化学工学実験Ⅳ(C1)

2017-10-10 
http://www.yamagata-u.ac.jp/gakumu/syllabus/2017/html/05_53259.html
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53259/53259.asp


このシラバス0 科目 として開講されています。


概要

名程度のグループに分かれ物質化学工学科の研究室訪問しある研究テーマ沿って担当教員との対話によって以下のような内容実施する

)最先端の研究や実験などの内容理解する

)研究の現場で過去の成果がどのように活用されているのか学ぶ

)研究や実験で得られた結果解析考察今後の方針検討する

なお1週目のガイダンスで具体的な日程や実施方法説明する

火曜日(会議・品質管理・物質化学工学実験Ⅳ・エネルギー変換特論)1)

10

1. ガイダンステスター回路計の使い方とメンテナンス

管理責任者の設定

コイン電池の作成と電圧の確認

電池の電圧の測定

豆電球の個数横軸縦軸電池電圧

内部抵抗の算出

pH試験紙にクリつなぐ

pH試験湿らせる

くりっぷに通電する

ブレドボード

シャント抵抗使った電圧計による電流の測定

輪講

報告とEAGLEによる回路図の作成とウェブ公開

2. 定電圧電圧リファレンステネータ

ブレトボードとIC使った電圧基準の作成

標準電池との比較

電圧降下の確認

輪講

報告とEAGLEによる回路図の作成とウェブ公開

3. 定電圧電圧リファレンスボルテージフォロ(Follower)可変抵抗器バリアブル電源

コイン起電力の測定

 ボルテージフォロによる電圧源の電圧降下の改善

輪講

報告D CADウェブ公開

4. カレントフォロ(電流計)と電流源定電圧高精度抵抗(0.1%クーロメーター

銀ぺすと銀塩化銀インク使った銀塩化銀電極の作成

http://www.bas.c…

11

5. 電圧検出器ポテンショスタ作成

 極式せるの作成

輪講

 

ウィーンブリ

部品検索

電圧基準 候補

AD586 DIP 52mV 最大36V(Supply) 45mA

AD291 TO-92 4.096 V

LM336Z- (秋月電子)TO-92, 基準電圧 5.0V 動作電圧 10V(データシート),10mA

高精度抵抗 0.1% 25ppm \120- 秋月電子 100, 1k, 10k

OPアンプ候補

OP275 The output is capable of driving 600 loads to 10 V rms while maintaining low distortion. THD + Noise at 3 V rms is a low 0.0006%

Input offset voltage is guaranteed at 1 mV and is typically less than 200 μV. 2回路

200/

10

 テスター回路計の使い方とメンテナンス

管理責任者の設定

コイン電池の作成と電圧の確認

電池の電圧の測定

豆電球の個数横軸縦軸電池電圧

内部抵抗の算出

pH試験紙にクリつなぐ

pH試験湿らせる

くりっぷに通電する

ブレドボード

シャント抵抗使った電圧計による電流の測定

 定電圧源の作成

ブレトボードとIC使った電圧基準の作成

標準電池との比較

電圧降下の確認

 ボルテージフォロア

コイン起電力の測定

 定電流ガルバノスタ作成と銅クーロメーター

銀ぺすと使った銀塩化銀電極の作成

11

 ポテンショスタの作成

極式せるの作成

毎週月曜日コマ1245141514251555

関連講義卒業研究-電気化学2004,月曜日輪講物質化化学工学実験月曜日(情報処理概論・無機工業化学・輪講)2)

卒業研究-電気化学2004卒業研究(C1-電気化学2004~)3)


課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11233

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.