HOME 教育状況公表 令和3年4月15日
⇒#4591@講義;

0002.  定電圧源(電圧リファレンス)とアッテネータ

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53259/53259.asp

化学・バイオ工学実験(C1) では、 「定電圧源(電圧リファレンス)とアッテネータ」について 述べられています ⇒#4591@講義;。

初版

 ポテンショガルバノスタットに使う部品

2. 定電圧電圧リファレンステネータ

ブレトボードとIC使った電圧基準の作成

標準電池との比較

電圧降下の確認

輪講

報告とEAGLEによる回路図の作成とウェブ公開

ブレッドボード

ブレトボードとIC使った電圧基準の作成標準電池との比較電圧降下確認など行います

 正しいグラウンドの取り方

 オペアンプの電源の引き回し

物事客観的に表現するにはある単位の何倍か示します 単位は人が決めます 物理量ごとに単位があります 電圧も単位があります昔は 標準電池 単位した 電池の起電力の単元で勉強した標準電池覚えていますか? ウエストン電池呼ばれることもあります その後変遷経て単位の基準は変わりましたが今では電子回路使って簡単に手に入れることができます 定の基準電圧発生する仮想的な電源定電圧源と言います 基準電圧生成するIC使って実際に電圧手に入れてみましょう 基準電圧源のIC(REF02CPZ)電源極性逆につなぐと瞬で壊れます 電源部分にダイオード取り付けて保護してください

 定電圧回路

定の電圧手に入れたら次は抵抗使って電圧分割してみましょうキルヒホフ法則思い出しましょう物理とってなかった人はここで物理の復習です直列つないだ抵抗流れる電流は等しいのでオーム法則よりその抵抗の両端の電圧は抵抗の比に比例しますつまりたとえば直列につないだ抵抗の値の比がならばその中点の電圧はなるということですこれは基準の電圧抵抗の比で任意に分割できること意味します

 アッテネータ


ブレッドボード

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


平常演習 Web Class

課外報告書 Web Class



<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4591'> ◇ </a>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4591'> <q><cite> 定電圧源(電圧リファレンス)とアッテネータ </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11233'> 化学・バイオ工学実験(C1) <a/a> 講義ノート, 2017.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4591'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4591 </a> ,  (参照 <time datetime="2021-4-15">2021-4-15</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4591

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.