🏠
🌡️ 📆 令和5年2月2日

起電力

1.

電源(主に電池)が回路に電流を流し続けようとする作用をいいます

電気と磁気

静電気
電場と電位
静電誘導
電流
オームの法則
直流回路(電池の起電力1)、内部抵抗)
ジュール熱・電力2)
ハイブリッド自動車

電流と磁場
電磁誘導と電磁波

視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録(目次)3)

(1起電力(electromotive foce [ボルト].
(2電気と磁 > ã‚¸ãƒ¥ãƒ¼ãƒ«ç†±ãƒ»é›»åŠ›
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).
(3 > è¦–覚でとらえるフォトサイエンス物理図録(目次)
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).

出典:
電気と磁気
(数研出版編集部. è¦–覚でとらえるフォトサイエンス物理図録. æ•°ç ”出版, . ï¼‰ 1)
電流と磁場

オームの法則
ジュール熱と起電力
・ゼーベック効果/熱電力/熱電対
キルヒホフの法則
磁石と磁場
磁性体
電流が磁場から受ける力
電流のつくる磁場
アンペールの法則

物理学(目次)1)

(1 > ç‰©ç†å­¦ï¼ˆç›®æ¬¡ï¼‰
小出昭一郎著, 物理学, 裳華房, (1997).

出典:
電流と磁場
(小出昭一郎著. ç‰©ç†å­¦. è£³è¯æˆ¿, . ï¼‰ 2)
直流回路(p.102)
電気抵抗の接続と合成抵抗、電池の起電力1)と内部抵抗2)、キルヒホッフの法則、メートルブリッジ、ポテンショメーター
(1起電力 E / V.
(2内部抵抗 R / Î©.

出典:
直流回路
(中村英二、吉沢康和. æ–°è¨‚物理図解. ç¬¬ä¸€å­¦ç¿’社, . ï¼‰ 3)
。数値としては電力ではなく電圧のこと。OCVとほぼ同義。電源として電池を使った場合は、酸化還元反応の平衡系を電池にして、その電圧を測定した数値。正極と負極の電極電位 E ã€”V〕の差
(数式-104)
。ダニエル電池では1.1Vとなりますダニエル電池の作成と単極電位の確認4)。また熱電対で生じる電圧は熱起電力といいます

10.電池の起電力

化学電池の表し方と起電力

可逆起電力とGibbsエネルギー

標準電極電位

電池の起電力と熱力学量

平衡定数と溶解度積

電極(半電池)の種類

濃淡電池

実用電池

応用物理化学II(目次)

目次
エネルギー論序章
気体の巨視的性質
エネルギーに関する基本法則1)
熱化学
エネルギー変換サイクル2)
溶体のエネルギー論
相平衡3)
化学平衡
電解質溶液
電池の起電力4)

(1エネルギーに関する基本法則
田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三, 応用物理化学II, 培風館, (1990).
(2エネルギー変換サイクル
田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三, 応用物理化学II, 培風館, (1990).
(3相平衡
田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三, 応用物理化学II, 培風館, (1990).
(4電池の起電力
田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三, 応用物理化学II, 培風館, (1990).

出典:
応用物理化学II(目次)
(田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三. å¿œç”¨ç‰©ç†åŒ–å­¦II. åŸ¹é¢¨é¤¨, . ï¼‰ 1)


出典:
電池の起電力
(田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三. å¿œç”¨ç‰©ç†åŒ–å­¦II. åŸ¹é¢¨é¤¨, . ï¼‰ 5)
電気的仕事の意味
・自由エネルギー
電池の起電力と分解電圧
・ダニエル電池
電極、照合電極、塩橋、半電池、標準電極電位、標準水素電極電位

自由エネルギーと化学平衡1)
(1 > è‡ªç”±ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ã¨åŒ–学平衡
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (1981).

出典:
電池の起電力と分解電圧
(井上 勝也 著. ç¾ä»£ç‰©ç†åŒ–学序説 改訂版. åŸ¹é¢¨é¤¨, . ï¼‰ 6)
一次電池1)、二次電池(2次電池)


【製品】リチウムイオン二次電池2)

【関連講義】
卒業研究(C1-電気化学2004~),電池3)
押さえておきたい!リチウムイオン電池の電気化学と重要なポイント,電気回路と電池4)

【動画】5)
ピカッとさいえんす「宇宙へ行った電池」
http://c1.yz.yam…

【関連書籍】
電池16)
電池7)
電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる8)
一次電池のしくみ9)
よくわかる電池(目次)10)
【図解】電池のはなし(目次)11)
電池とエネルギー12)


リチウムイオン二次電池製品.

緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > é›»æ± ,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

 > é›»æ°—回路と電池,
立花 和宏,押さえておきたい!リチウ, 講義ノート, (2012).

ピカッと > å®‡å®™ã«è¡Œã£ãŸé›»æ± ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).

(1 > ä¸€æ¬¡é›»æ± 
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, , (1998).
(2リチウムイオン二次電池製品.
(3緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > é›»æ± ,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(4 > é›»æ°—回路と電池,
立花 和宏,押さえておきたい!リチウ, 講義ノート, (2012).
(5ピカッと > å®‡å®™ã«è¡Œã£ãŸé›»æ± ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).
(6物質の変 > é›»æ± ï¼‘
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, , (2005).
(7 > é›»æ± 
竹内敬人ほか, ダイナミックワイド図説化学, 東京書籍, , (2003).
(8 > é›»æ± ã®æ­´å²ã‹ã‚‰é›»æ± ã®ä»•çµ„みが見えてくる
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版社, , (2006).
(9 > ä¸€æ¬¡é›»æ± ã®ã—くみ
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, , (1996).
(10 > ã‚ˆãã‚ã‹ã‚‹é›»æ± ï¼ˆç›®æ¬¡ï¼‰
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版社, , (2006).
(11 > ã€å›³è§£ã€‘電池のはなし(目次)
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, , (1996).
(12 > é›»æ± ã¨ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).

出典:
電池
(数研出版編集部. è¦–覚でとらえるフォトサイエンス化学図録. æ•°ç ”出版, . ï¼‰ 7)
。

【関連講義】

電池の起電力(平衡論)と分解電圧(速度論)(2009)電池の起電力(平衡論)と分解電圧(速度論)(2009)8)

電気化学の庵,キルヒホフの法則(第2法則)キルヒホフの法則(第2法則)9)

無機・分析化学応用実験,電池の起電力~平衡論的取り扱い~10)


2.

無機・分析化学応用実験/

3.

(1)A simple galvanostat for discharge test of lithium cells
立花和宏, 菅原陸郎, 松木健三,Progress in Batteries & Battery Materials, Vol.12, , pp.171-178,,(1993).