🏠
🌡️ 📆 令和6年6月17日
⇒#2987@講義;

👨‍🏫 0011.  電池の起電力(平衡論)と分解電圧(速度論)(2009)


無機化学実験 では、 「 無機化学実験(2009) 」 の中で、 「電池の起電力(平衡論)と分解電圧(速度論)(2009)」について 述べられています ⇒#2987@講義;。

📆 初版
#🗒️👨‍🏫電池#🗒️👨‍🏫起電力#🗒️👨‍🏫内部抵抗

電池の起電力(平衡論)と分解電圧(速度論)

起電力1)分解電圧2)過電圧3)

銀|塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正(こうせい)
【結果】2本の銀|塩化銀電極の電位差[V]、ダニエル電池の起電力の理論値[V]、Cuの単極電位[V vs.Ag|AgCl]、Znの単極電位[Vvs.Ag|AgCl]、電位数直線(横軸電位[V])と単極電位の差[V]
電気化学セルを組み立てて銀線を塩酸中でアノード酸化して1本だけ作ります。その作り方は次の通りです。銀線を紙やすりで研磨し、清浄な金属面を露出させます。その金属面を3M HNO3で前処理し、水洗いします。その電極で以下のセルを作成し、0.8mA/cm2で15分ほど電解し、表面に塩化銀を析出させます。電解セルには10mLビーカーを使います。転倒防止のため電解液を注ぐ前に底に両面テープを貼っておき、電解液を注ぎ終わったビーカーは実験台にしっかり固定します。電極はダブルクリップで固定します。

→参考書:電気化学測定法(上)技報堂出版、p97「銀|塩化銀電極の作り方」

Ag|0.1 molï½¥dm-3 HCl|Pt

同じ手順でもう1本作成する。2本の電極を飽和KCl溶液に浸漬し下記のような電池を作成し、電位差をデジタルテスターで確認する。電位差が5mV以内であることを確かめる。もし、2本の電極電位が5mV以上ある場合は、うまく出来ていないと思われる方を作成しなおし、電位差が5mV以内になるまで繰り返す。10mLビーカーを2個用いて塩橋で接続する。塩橋にはシリコンゴム管を用いる。煮溶かした電解質-寒天溶液を専用スポイトで吸い上げて固め、ゴム管の両端をカットする。
→参考書:電気化学測定法(上) 技報堂出版、p96「新しく作った電極の電位チェック」
→参考書:電気化学測定法(上) 技報堂出版、p94「塩橋の作り方」



【関連講義】
無機・分析化学基礎実験,電気分解4)
無機・分析化学応用実験,電池の起電力~平衡論的取り扱い~5)
無機・分析化学応用実験,金属の種類による過電圧の違い6)
エネルギー変換化学特論,第3講 水の安定領域と過電圧7)
物理化学,電池の起電力と分解電圧@物理化学8)

【材料】銀9)

【参考文献】
電気化学10)
固体表面11)
電池の起電力12)
電池の起電力と分解電圧13)
電池の起電力と内部抵抗14)
電磁気・原子物理15)
直流回路16)
電気と磁気17)
物質の変化18)
物質の反応19)
物質の変化20)


特になし > é›»æ± ã®èµ· > é›»æ± ã®èµ·é›»åŠ›ï½žå¹³è¡¡è«–的取り扱い~,電池の起電力と分解電圧
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2005).

特になし > é›»æ± ã®èµ· > åˆ†è§£é›»åœ§ > é‡‘属の種類による過電圧の違い,分解電圧 ~速度論的取り扱い
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).

エネルギ > ã€ï¼’00 > ç¬¬ï¼“講 水の安定領域と過電圧,【2009年(平成21)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).

物理化学 > é›»æ± ã®èµ·é›»åŠ›ã¨åˆ†è§£é›»åœ§ï¼ ç‰©ç†åŒ–å­¦,物理化学_アウトライン
仁科 辰夫,物理化学, 講義ノート, (2009).

(1起電力 E / V.
(2分解電圧 V / V.
(3過電圧 Î· / V.
(4岩塩型キーワード.
(5特になし > é›»æ± ã®èµ· > é›»æ± ã®èµ·é›»åŠ›ï½žå¹³è¡¡è«–的取り扱い~,電池の起電力と分解電圧
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2005).
(6特になし > é›»æ± ã®èµ· > åˆ†è§£é›»åœ§ > é‡‘属の種類による過電圧の違い,分解電圧 ~速度論的取り扱い
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).
(7エネルギ > ã€ï¼’00 > ç¬¬ï¼“講 水の安定領域と過電圧,【2009年(平成21)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).
(8物理化学 > é›»æ± ã®èµ·é›»åŠ›ã¨åˆ†è§£é›»åœ§ï¼ ç‰©ç†åŒ–å­¦,物理化学_アウトライン
仁科 辰夫,物理化学, 講義ノート, (2009).
(9@ > ç„¡æ©Ÿææ–™ > é‡‘属 > éžé‰„金属 > è²´é‡‘属 > éŠ€
銀silver, (材料).
(10 > é›»æ°—化学
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, , (1998).
(11 > å›ºä½“表面
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, , (1998).
(12 > é›»æ± ã®èµ·é›»åŠ›
田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三, 応用物理化学II, 培風館, , (1990).
(13自由エネ > é›»æ± ã®èµ·é›»åŠ›ã¨åˆ†è§£é›»åœ§
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, , (198).
(14電気と磁 > ç›´æµå›žè·¯
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).
(15 > é›»ç£æ°—・原子物理
吉田卯三郎, 武居文助共著, 物理学実験, 三省堂, , (195).
(16電気と磁 > ç›´æµå›žè·¯
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, , (1984).
(17 > é›»æ°—と磁気
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, , (2006).
(18 > ç‰©è³ªã®å¤‰åŒ–
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, , (2005).
(19 > ç‰©è³ªã®åå¿œ
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, , (1998).
(20 > ç‰©è³ªã®å¤‰åŒ–
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, , (1995).

関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl2987' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2987'> 👨‍🏫 </a> <a href='/amenity/~host/yz/c1/Education/Experimental/Experimental.asp'> 電池の起電力(平衡論)と分解電圧(速度論)(2009) </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2987'> <q><cite> 電池の起電力(平衡論)と分解電圧(速度論)(2009) </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11168'> 無機化学実験 <a/a> 講義ノート, 2009.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2987'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2987 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-6-17">2024-6-17</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2987
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.