HOME 教育状況公表 令和4年10月6日
化学・バイオ工学実験 戻る 進む 別窓で開く

発光ダイオードとポテンショスタット

バイオ化学工学実験 (仮配属) files Syllabus 53259 C1

電流電圧曲線(分解電圧と過電圧)

-0.50.00.51.01.52.02.52.52.01.51.00.50.0-0.5 電圧 V /V 電流 I /A
  1 電流電圧曲線(分解電圧と過電圧)

分解電圧を調べるときは、電圧を掃引して、電流を測定します。 これを LSVリニアスイープボルタンメトリー)ということもあります。 電流電圧曲線から、溶液抵抗の傾きを外挿して、分解電圧を求めます。 理論分解電圧から分解電圧を引いて、 過電圧を求めます。 過電圧を電流密度の対数の関係をターフェルプロットと言います。

電池では、電流を掃引して、電圧を測定します。 求めた電流電圧曲線は、電池の放電の 内部抵抗 を求めるのに使われます。


  2 46
分解電圧
©K.Tachibana

  3 127 🖱 RC直列のサイクリックボルタンメトリー
©K.Tachibana
14,13.エネルギー変換化学特論 09.エネルギー化学 10.情報処理概論 1217

化学バイオ工学実験


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53259/53259_02.asp


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.