🏠
🌡️ 📆 令和6年7月20日
⇒#4707@講義;

👨‍🏫 0004.  個人認証から電子決済まで~フィンテックとセキュリティ~

伊藤智博、神保雄次

情報処理概論 では、 「個人認証から電子決済まで~フィンテックとセキュリティ~」について 述べられています ⇒#4707@講義;。

📆 初版
#🗒️👨‍🏫認証#🗒️👨‍🏫アカウント#🗒️👨‍🏫ID#🗒️👨‍🏫パスワード#🗒️👨‍🏫暗証番号#🗒️👨‍🏫生体認証#🗒️👨‍🏫フィンテック#🗒️👨‍🏫セキュリティ

個人認証から電子決済まで~フィンテックとセキュリティ~

せっかくですので、アカウント、IDなどについてまとめてみます。

アカウントは費用請求のための口座です。

ひとりでいくつもっていてもかまいません。

IDはアイディンティファイアの略です。

アプリから見て人を特定するための一意の識別子です。

名前でもいいのですが、同姓同名の人が区別できなくならないよう工夫がいるので、

メールアドレスや文字列を使います。

アプリを使うとき、アプリは使った人をIDで識別し、使った人のアカウントに費用請求します。

認証というのがあります。

アプリがIDを名乗った人が本当にその人かどうかを確認する方法です。

その人しか知らないはずのパスワードや暗証番号を聞いてみるのもひとつの方法です。

ですから、パスワードを他人に教えるのは厳禁なんですね。

また、パスワードを複雑にしすぎて、その人本人ですら覚えきれないのでは、

まったく本末転倒です。

ほかの手段として生体認証などがあります。

子どもからお年寄りまで使えるので、ぼくはパスワードより生体静脈認証が普及してくれたらいいなと思っています。

ところでアプリが増えるたびに、それぞれIDやパスワードを作っていては、

使う人がとても大変ですよね?

そこで出てくるのがフェデレーションという考え方です。

認証機能を一か所にまとめてしまえば、ひとつのIDとパスワードで、いろいろなアプリが使えるようになります。

これをシングルサインオンと言います。

「学認」というのは国立情報研究所が中心となって大学の認証情報を一か所に集めたフェデレーションシステムです。

シボレスと言われる技術が使われています。

なぜ、これを持ち出したかと言うと、学会がオンライン開催するたびにIDとパスワードを割り当ててくるからです。

「学認」 には多くの大学が参加しています。

もし、学会が「学認」 をサポートすれば、ぼくらは、いつも使っている山形大学のIDとパスワードで

学会に参加できることになります。

そんなわけで、草の根運動ではありますが、学会運営関係者にご縁あるごとに「学認」 を検討してみませんか?と

声がけしていこうと思います。

ご意見お待ちしています。

伊藤先生、今回はぼくが解説しましたが、ぜひぼくより詳しい伊藤先生が

伊藤先生のことばで、こどもからお年寄りまで解説してほしいと願っています。

情報処理概論という授業枠の内側だけでなく、地域教育としてご協力いただければ嬉しいです。

よろしくお願い申し上げます。

フィンテック1)



関連の展示品


表


◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl4707' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4707'> 👨‍🏫 </a> <a href='https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/'> 個人認証から電子決済まで~フィンテックとセキュリティ~ </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 伊藤智博、神保雄次. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4707'> <q><cite> 個人認証から電子決済まで~フィンテックとセキュリティ~ </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11322'> 情報処理概論 <a/a> 講義ノート, 2018.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4707'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4707 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-7-20">2024-7-20</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4707
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.