🏠
🌡️ 📆 令和6年7月22日
戻る 進む ⇒#246@学会;

リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響


○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫, 平成21年度 化学系学協会東北大会 , 日本大学工学部(福島県郡山市田村徳定字中河原1),


学会】リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響⇒#246@学会;
リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.99 (2009).


炭素の分散に使う界面活性剤乾燥後も電極に残留し電解液電気分解引き起こすため分散剤選択には注意が必要である

炭素分散液カーボン分散液1)

炭素分散液カーボン分散液2)

物理量分解電圧 V 〔V

グラフ1にNB-006+SBRのCVのサイクリックボルタモグラム3)示すここ横軸電位 E 〔Vあり縦軸電流 I 〔Aあるこの図より学会○佐藤史人,…らは2009年に日本大学工学部福島県郡山市田村徳定字中河原1開催された平成21年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤…であることがわかる

 NB-006+SBRのCV

関連講義リチウムイオン電池電極の分散技術,リチウムイオン電池電極分散技術20094)

ふみとは2012年にそれまでの研究リチウム電池正極バインダ樹脂表面への溶媒吸着が過充電時の分解電圧に及ぼす効果いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業したリチウムイオン二次電池正極用合材スラリーの評価法に関する研究5)

ふみとは2010年にそれまでの研究リチウムイオン次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業したリチウムイオン二次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究6)

学会平成21年度 化学系学協【学会】平成21年度 化学系学協会東北大会@福島県郡山市

関連書籍

エレクトロニクス分野における精密塗布乾燥技術目次7)

8)

化学工学機械的操作目次9)

10)

11)

関連講義卒業研究-電気化学2004,12)



平成21年度 化学系学協会東北大会
20090919
リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫

  1 学会発表
口頭発表( 講演
表面技術協会秋2023 riku kenya
  1. 構成 1 )
  2. 題目
  3. カテゴリーの設定、オーラルか?ポスターか?
  4. 講演申し込み

    著者の確認:単著か共著か?共著の場合は、役割分担を明記。ギフトオーサーシップやゴーストオーサーシップは 研究不正 です。 、指示抄録

  5. 参加申し込み 🔷 旅程の作成、宿泊、交通手配、パスポート、クレカ
  6. 講演 草案 (スライド草稿、台本草稿)
  7. 要旨提出

    講演要旨なので、講演スライドの草案をもとに作ります。

ポスター発表(ショートプレゼンあり、なし)

論文講演は、 著作物であり、 知的財産です。

電気化学会発表の著作権規定

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=246'> <q><cite> リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響 </q></cite> </a>.
平成21年度 化学系学協会東北大会, 日本大学工学部(福島県郡山市田村徳定字中河原1). 2009.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=246:szRefType="meeting":szRefHeadLine="○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会(2009)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=246
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.