HOME 教育状況公表 本日
⇒#806@講義;

  カーボン分散液

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(カーボン分散液)の親単元は カーボン材料 です。

初版
アルミニウムは不働化してバリア型の絶縁性皮膜生成するが電解液自己修復機能によってその絶縁性維持していると考えられている諸説があるもののアルミニウム酸化物アニオン空孔ありこのアニオン空孔が表面に露出している表面欠陥サイト電解液アニオン吸着して見かけ上の絶縁体となっていると言われているここでいう表面欠陥サイト電子的な欠陥であって花びら上の形状欠陥とは異なるこのような表面欠陥サイトに電池活物質や炭素導電助材が接触することでオーミ接触成立し集電体本来の機能が発現する

炭素分散させた液体ロールひきました1)

ふみとは2010年にそれまでの研究リチウムイオン次電池の電極合材スラリー炭素粒子分散剤と電解液分解に関する研究いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

○柳沼雅章,…らは2008年にで開催された第49回電池討論会において炭素導電助材含む電極におけるパーコレーション現象用いたバインダの評価について報告している3)

かずみは2006年にそれまでの研究リチウムイオン次電池の急速充放電化と高容量密度化というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した4)

まつはしは2002年にそれまでの研究微粒炭素分散液用いたアルミニウム集電体接触抵抗の低減というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した5)

おやまだ6)やぎぬま7)

立花和宏仁…らは2003年にUnderstanding the Passive Film on Aluminum Surface Coarted with Nano-Carbon(Ultra Fine Carbon) Particlesについて報告し微粒分散炭素リチウムイオン次電池へアルミニウム集電体への塗布性能について調べた 関連講義卒業研究-電気化学2004,集電体バインダ炭素導電助材界面述べている8)

立花和宏,○…らは2001年に鶴岡で開催された平成13年度化学系7学協連合東北地方大会において微粒炭素分散液用いたリチウム次電池の性能評価について報告している9)

NB-00110)
NB-00311)ホウ素変性
KS-1512)

試料
BLANK13)
B'-114)
A'-115)
B-116)
A-117)

物理量分解電圧18)


関連講義
卒業研究-電気化学2004,アルミニウム炭素導電助材19)
エネルギー変換化学特論,化学工学リチウム電池~分散スラリー作成と塗布乾燥~20)

関連書籍
炭素自問自答目次21)
リチウムイオン電池用材料22)


名古屋工業大学@愛知県名古屋市
立花 和宏, 研究ノート, (1).

炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (1).

微粒炭素分散液を用いたリチウム二次電池の性能評価
立花和宏,○松橋大輔,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,平成13年度化学系7学協連合東北地方大会講演予稿集, p.139 (1).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|炭素導電助材,集電体|導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

エネルギ > 【201 > 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1名古屋工業大学@愛知県名古屋市
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(2リチウムイオン二次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究
佐藤 史人, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(3炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (1).
(4リチウムイオン二次電池の急速充放電化と高容量密度化
佐藤和美, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (1).
(5微粒炭素分散液を用いたアルミニウム集電体接触抵抗の低減
松橋 大輔, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(6湿式太陽電池を組み合わせた自己充電可能なアルカリ電池とそのインターネット対応評価システムの開発
小山田 博文, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(7リチウムイオン二次電池用バインダーおよび合材スラリーの評価法に関する研究
柳沼 雅章, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (1).
(8Understanding the Passive Film on Aluminum Surface Coarted with Nano-Carbon(Ultra Fine Carbon) Particles
立花和宏、仁科辰夫、森陽一、池田章一郎、尾形健明、小沢昭弥、R. J. Brodd, ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne(with News) Vol.4, No.4, pp.451-457, (2003).
(9微粒炭素分散液を用いたリチウム二次電池の性能評価
立花和宏,○松橋大輔,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,平成13年度化学系7学協連合東北地方大会講演予稿集, p.139 (1).
(10カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(11カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(12KS-15, C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室), 尾形 健明, (2005).
(13BLANK, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 立花 和宏, (2010).
(14B'-1, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 立花 和宏, (2011).
(15A'-1, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 立花 和宏, (2011).
(16B-1, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 立花 和宏, (2010).
(17A-1, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 立花 和宏, (2010).
(18分解電圧 V / V.
(19結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|炭素導電助材,集電体|導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(20エネルギ > 【201 > 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(21 > 炭素・自問自答(目次)
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, , (1997).
(22 > リチウムイオン電池用材料
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, , (1996).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> カーボン分散液 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=806'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=806 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-23">2019-8-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=806

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.