HOME 教育状況公表 本日
⇒#266@学会;

抗酸化剤投与ラットの酸素曝露下におけるin vivo ESR計測


山内公仁,伊藤智博,海老名里花,尾形健明,石田信一,松本清治,土橋 宣昭, 第37回 日本磁気共鳴医学会大会 , パンパシフィック横浜ベイホテル東急,



抗酸化剤投与ラットの酸素曝露下におけるin vivo ESR計測

我々は生体内フリーラジカル検出するためのin vivo ESR装置1 GHz以下のマイクロ波と電気シールドループギャ共振器組み合わせで開発し1986年に報告したT. Ogata他現在外在性のニトロキシルラジカル追跡子として投与するスピンプローブ法マウスラットなどで実用の段階に達しており種々の応用研究が行われている本研究はそのつとしてin vivo ESR装置スピンプローブ法組み合わせラット生体内還元評価すること目的する


山~仁は2010年にそれまでの研究抗酸化剤投与ラットの酸素曝露下におけるin vivo ESR計測というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した1)


(1抗酸化剤投与ラットの酸素曝露下におけるin vivo ESR計測
山内公仁, 修士論文, (2010).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=266

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.