⇒#4695

分散剤

粒子凝集体解砕する過程で粉体粒子表面濡らす目的で使われる薬剤界面活性剤1)低分子分散剤してはアニオン系として脂肪酸塩ケンMESABSLASASAESアルキル硫酸トリエタノールアミンなどイオン系として脂肪酸ジエタノールアミドAE[高級アルコール系]APEカチオン系としてアルキルトリメチルアンモニウムジアルキルジメチルアンモニウムクロリドアルキリピリジニウムクロリド両性系としてアルキルカルボシキベタインベタイン系]などが使われ高分子分散剤しては水分散系としてナフタレンスルホン酸塩のホルマリン縮合ポリスチレンスルホン酸塩ポリアクリル酸塩ビニル系化合物とカルボン酸系単量体の共重合物の塩カルボキシメチルセルロース2)ポリビニルアルコール3)など非水分散系としてポリアクリル酸部分アルキルエステルポリアルキレンポリアミンなどが使われます4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,界面活性剤分散剤乳化剤5)
物理量トライフ6)

実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性剤・分散剤・乳化剤,溶媒&分散媒
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1 > 有機ファインケミカルズ
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(2@ > カルボキ > カルボキシメチルセルロース
カルボキシメチルセルロース, (材料).
(3ポリビニルアルコール[-CH2-CH(OH))-]n, = 0 g/mol, (化学種).
(4 > さらなる顔料分散性の向上
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(5実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性剤・分散剤・乳化剤,溶媒&分散媒
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(6ポットライフ( [s()].