⇒#247@学会;

液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価


森田 茉季, 川瀬功雄, 楡木 崇仁立花 和宏米竹 孝一郎仁科 辰夫, 平成21年度 化学系学協会東北大会 , 日本大学工学部(福島県郡山市田村徳定字中河原1),




まき1)2)かわせ3)にれぎ4)

米竹 5)

楡木,立花,…らは2009年に〒606-8501 京都市左京区吉田本町で開催された電気化学会第76回大会において共役系電子吸引基有する非イオン性不純物による液晶材料の漏れ電流の増加と配向膜劣化の関係について報告している6)

LiFePO4(SLFP-PT30)7)
LiFePO4(SLFP-PD608)
LiFePO4(SLFP-ES01)9)

特許出願2007239251液晶物性評価装置10)
液晶材料に関する研究11)
電圧位相12)

関連講義
液晶セル13)
マンガンリチウムスピネル14)
カーボン材料グラファイト15)

関連講義リチウム電池の電極スラリー塗布電池性能,リチウム電池電極スラリー塗布電池性能16)



共役系電子吸引基を有する非イオン性不純物による液晶材料の漏れ電流の増加と配向膜劣化の関係
○楡木崇仁,鹿又憲紀, 藤田圭介, 立花和宏,川口正剛,米竹孝一郎,仁科辰夫,電気化学会第76回大会講演要旨集 (2009).

実験方法 > 電気化学 > 液晶セル,電気化学セル・電解セル
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(グラファイト系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

 > リチウム電池の電極スラリー塗布と電池性能,
立花 和宏,リチウム電池の電極スラリ, 講義ノート, (2011).

(1液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析
森田 茉季, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2010).
(2液晶場をプローブとしたリチウム二次電池粉体材料の評価と応用
森田 茉季, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 修士論文 (2012).
(3液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池正極活物質および類似酸化物の表面特性評価
川瀬 巧雄, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2010).
(4液晶場でのリーク電流解析とリチウム電池材料評価への応用
楡木 崇仁, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2010).
(5米竹 孝一郎人名.
(6共役系電子吸引基を有する非イオン性不純物による液晶材料の漏れ電流の増加と配向膜劣化の関係
○楡木崇仁,鹿又憲紀, 藤田圭介, 立花和宏,川口正剛,米竹孝一郎,仁科辰夫,電気化学会第76回大会講演要旨集 (2009).
(7LiFePO4(SLFP-PT30) リン酸鉄リチウム, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(8LiFePO4(SLFP-PD60) リン酸鉄リチウム, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(9LiFePO4(SLFP-ES01) リン酸鉄リチウム, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(10特許出願2007-239251:液晶物性評価装置
立花和宏, 特許出願2007-239251, (2007).
(11液晶材料に関する研究プロジェクト.
(12電圧位相差,電圧,位相差, (プロット).
(13実験方法 > 電気化学 > 液晶セル,電気化学セル・電解セル
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(14実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(15実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(グラファイト系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(16 > リチウム電池の電極スラリー塗布と電池性能,
立花 和宏,リチウム電池の電極スラリ, 講義ノート, (2011).


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/