HOME 教育状況公表 本日
⇒#454@卒論;
2010 卒業論文

In vivo ESR法によるソバの芽のストレス応答計測に関する研究

山形大学  物質化学工学科  尾形・伊藤(智)研    高橋 隆介

卒業論文、修士論文、博士論文 2009 2010



In vivo ESR法によるソバ芽のストレス応答計測関する研究

近年地球環境の変化のため農業の研究開発でストレス耐性高い作物の品種改良や遺伝子組み換えが必要になってきているそのため植物におけるストレス耐性評価重要になってくる本研究ではin vivo ESR法によって植物に種々のストレス与えたときの応答特性追跡したなお検体には安価で年中手に入るソバスプラウト用いて実験行った

これまでに当研究室で測定してきたイネカイブロコリーなどからはC-PROへの再酸化という応答計測することができたがソバ芽は計測することができなかったソバの芽がC-PRO吸っているということおよびアスコルビン酸が応答示すブロコリーよりも少ないということからソバの芽は他のスプラウトとは異なる応答機構持っている可能性がある


実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

図や表には図題(キャプション)や表題をつけます。 説明にはひとつの段落を使います。

参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

<li> <article> 高橋 隆介. <q><cite> </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=454'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=454</a>, (参照 <time datetime="2018-11-16">2018-11-16</time>). </article> </li>


卒業論文 ©Copyright  2010   高橋 隆介,  山形大学  All rights reserved.