HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒435@卒論;
2010 卒業論文

交流インピーダンス法によるリチウムイオン二次電池用有機溶媒の評価

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研  武田 浩幸
公表資料 非公表資料



リチウムイオン次電池正極活物質及び導電助剤と集電体界面の密着性
電池活物質凝集におよぼす分散剤効果
1)

CMCドデシル

スラリーリチウム電池

○武田浩幸,…らは2009年に日本大学工学部福島県郡山市田村徳定字中河原1開催された平成21年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池の正極活物質と集電体界面の密着性について報告している2)

トルエン3)1-メチル-2-ピロリドン4)
1.4M TEMABF4/PC5)
ドデシルベンゼンスルホンソーダ6)
カルボキシメチルセルロースナトリウム7)
カルボキシメチルセルロースCMC NV2.28)
Polyacrylamide 10% in water9)
LBG用DME10)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,バインダ11)
卒業研究-電気化学2004,正極活物質12)
さらなる顔料分散性の向上13)

学会申込締切1514)
関連講義卒業研究-電気化学2004,化学学協会連合東北地方大会15)

リン鉄酸リチウムオリビン16)
LiFePO4(SLFP-ES01)17)



リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物質,活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

〆申込締切(6月15日)
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

リン鉄酸リチウム(オリビン)
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

(1リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(2リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(3トルエンC6H5CH3, = 92.14052 g/mol, (化学種).
(41-メチル-2-ピロリドン1-Methyl-2-pyrrolidoneCH3NCOCH2CH2CH2, = 99.13256 g/mol, (化学種).
(5@ > ソリュー > 電解液 > 有機電解 > 四フッ化 > 1.4M TEMA・BF4/PC
1.4M TEMA・BF4/PC, (材料).
(6ドデシルベンゼンスルホン酸ソーダ, 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2008).
(7カルボキシメチルセルロースナトリウム, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2005).
(8カルボキシメチルセルロース(CMC) NV2.2%, 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2008).
(9Polyacrylamide 10% in water, 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2008).
(10LBG用DME, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2003).
(11実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(12実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物質,活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(13 > さらなる顔料分散性の向上
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(14〆申込締切(6月15日)
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(15結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(16リン鉄酸リチウム(オリビン)
立花 和宏, 研究ノート, (2010).
(17キーワード.


実験方法

準備するもの

サンプル 装置使用履歴

作成手順

評価の方法

結果と考察

グラフ

参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

<li> <article> 武田 浩幸. <q><cite> 交流インピーダンス法によるリチウムイオン二次電池用有機溶媒の評価 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=323'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=323</a>, (参照 <time datetime="2017-11-22">2017-11-22</time>). </article> </li>