⇒#297@学会;

リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象


武田 浩幸及川俊他本田 千秋関根智仁立花 和宏仁科 辰夫, 第52回電池討論会 , タワーホール船堀(〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1) ,


【学会】リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象⇒#297@学会;
リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
○武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集 (2011).



アルミニウム集電体からの炭素導電助材打ち込みアノード分極すると炭素材料は次第に膨らみ集電体から剥離脱落するこのとき炭素の結晶格子間隔にはほとんど変化がなく電解質アニオングラフェンシート部分に吸着することで応力が発生すると考えられるアノード分極によって流れる電流は何らかの電解電流と考えられるアルミニウム不働態化イオン液体中でも同様の減少が見られることから溶媒分解いうよりはアニオン分解している可能性が濃厚である

カーボンブラック クロノポテンショメトリー XRD

物理量体積1)応力2)

著者
たけは2012年にそれまでの研究過充電時における導電助材の体積膨張に及ぼす電解組成の効果というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した3)

しゅんやは2012年にそれまでの研究炭素導電助材の集電体からの微小剥離と過渡電流観察いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した4)

関連発表
及川俊他,長…らは2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) 開催された平成23年度 化学系学協会東北大会において過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材集電体微小剥離の解析について報告している5)

立花和宏,○…らは2002年に博多州産業大学で開催された第43回電池討論会において正極集電体/合材界面の接触抵抗低減によるリチウムイオン次電池の急速充放電化について報告している6)

○西川幸秀,…らは2008年に大阪府堺市堺区戎島町4-45-1で開催された第49回電池討論会においてリチウムイオン次電池のためのフーリエ解析による金チタンアルミニウム正極集電体炭素導電材界面内部抵抗比較ついて報告している7)

学会集電体と炭素材料の密着性に及ぼす電解液の種類の影響8)

関連講義
集電体|電解液導電助材ヘテロ界面9)
アルミニウム|炭素導電助材10)
電池討論会11)
カーボン材料12)
クロノポテンショメトリー13)
XRDX線回折14)
リチウムイオン次電池の劣化メカニズムと解析技術15)



過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).

正極集電体/合材界面の接触抵抗低減によるリチウムイオン二次電池の急速充放電化
立花和宏,○鈴木智統,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第43回電池討論会講演要旨集 (2002).

リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).

集電体と炭素材料の密着性に及ぼす電解液の種類の影響
○本田千秋,堀川琢磨,渡部省吾,深瀬薫子,立花和宏,仁科辰夫,表面技術協会第127回講演大会 講演要旨集 (2013).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > 集電体|電解液、導電助材(3相ヘテロ界面),集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|炭素導電助材,集電体|導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

実験方法 > 材料&試 > カーボン材料,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 測定と評 > クロノポテンショメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XRD(X線回折),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1体積 V / m3.
(2応力 S / Pa.
(3過充電時における導電助材の体積膨張に及ぼす電解組成の効果
武田 浩幸, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 修士論文 (1).
(4炭素導電助材の集電体からの微小剥離と過渡電流観察(仮)
及川 俊也, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(5過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).
(6正極集電体/合材界面の接触抵抗低減によるリチウムイオン二次電池の急速充放電化
立花和宏,○鈴木智統,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第43回電池討論会講演要旨集 (2002).
(7リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).
(8集電体と炭素材料の密着性に及ぼす電解液の種類の影響
○本田千秋,堀川琢磨,渡部省吾,深瀬薫子,立花和宏,仁科辰夫,表面技術協会第127回講演大会 講演要旨集 (2013).
(9結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > 集電体|電解液、導電助材(3相ヘテロ界面),集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(10結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|炭素導電助材,集電体|導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(11結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(12実験方法 > 材料&試 > カーボン材料,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(13実験方法 > 測定と評 > クロノポテンショメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(14実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XRD(X線回折),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(15リチウムイオン二次電池の劣化メカニズムと解析技術,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2014).


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/