🏠
🌡️ 📆 令和6年5月24日
⇒#1671@講義;

👨‍🏫   カーボン材料(グラファイト系)


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 カーボン材料 」 の中で、 「カーボン材料(グラファイト系)」について 述べられています ⇒#1671@講義;。

📆 初版
#🗒️👨‍🏫結晶#🗒️👨‍🏫導電率

結晶格子定数 a ã€”m〕が発達しているため導電率 Îº ã€”S/m〕が高いといわれています。

グラファイト

KS-151)KS-152)グラファイト KS-15 (フコク提供)3)
KS-444)
SFG-445)
KS-66)
SFG6グラファイトSFG67)
ハードカーボン8)
IC CARBON No29)
Super-P 10)
Super-S その211)
Super-S その112)
グラファイト(粉末)グラファイト(粉末)13)
HS-10014)
FX-3515)
CSX-00 CABOT16)
UFG-1017)
Liイオン用天然グラファイト LF18A18)

図○にKS-15のESRスペクトルのESRチャート19)を示す。ここで、横軸は磁束密度 B ã€”T〕であり、縦軸は吸収率 x ã€”・〕である。この図よりKS-1520) ○○ 測定条件 ○○ 実験装置: XバンドESR装置21) 測定日時: 2005/11/19 共鳴周波数 Î½ ã€”Hz〕…であることがわかるKS-15のESRスペクトル22)。

まきは、2010年に、それまでの研究を液晶場をプローブとした炭素材料表面の評価(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析23)。

【関連書籍】
炭素材料24)
炭素・自問自答(目次)炭素・自問自答(目次)25)
粉体の表面化学(目次)粉体の表面化学(目次)26)
セラミックス序論27)
リチウムイオン電池用材料28)
XバンドESR装置
KS-15のESRスペクトル


関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl1671' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1671'> 👨‍🏫 </a> <a href='http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/'> カーボン材料(グラファイト系) </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1671'> <q><cite> カーボン材料(グラファイト系) </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1671'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1671 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-5-24">2024-5-24</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1671
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.