HOME 教育状況公表 本日
⇒#2593@講義;

  溶媒&分散媒

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(溶媒&分散媒)の親単元は 材料&試料(消耗品) です。

初版
トルエン1)ジクロロメタン2)キシレン3)トリクロロエチレン4)エチルベンゼン5)などの溶媒はPRTR法の規制受けるので管理徹底しましょう6)

液相と固相の材料混合するとき固相材料粒子サイズ分子イオンレベルまで分解されれば溶解クラスター作って凝集していれば分散ということになりますコロイド粒子の分散ではチンダル現象確認しますが分散液よってはほとんど透明となるため溶解区別がむずかしくなります

物理量
粘度7)ゼータ電位8)吸着等温線9)双極子モーメント10)粒径11)誘電率12)接触角13)漏れ電流14)

ドデシルベンゼンスルホンソーダ15)

○楡木崇仁,…らは2009年に国立京都国際会館〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池開催された第50回電池討論会においてリチウムイオン次電池正極活物質表面への有機分子吸着合材スラリー調整及ぼす効果について報告している16)

○渡邉貴太,…らは2009年に〒606-8501 京都市左京区吉田本町で開催された電気化学会第76回大会においてイオン液体使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着よる活物質のインピーダンス変化ついて報告している17)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,プロトン性極性溶媒18)
卒業研究-電気化学2004,カーボンペースト19)
卒業研究-電気化学2004,ペースト20)
カーボン材料|溶媒21)

関連書籍
有機電解液の溶液化学22)

無機工業 > 環境と法規制、ISOなど,無機工業化学の関連科目
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).

リチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果
○楡木崇仁, 立花和宏, 川口正剛, 米竹孝一郎, 仁科辰夫,第50回電池討論会要旨集 (2009).

イオン液体を使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着による活物質のインピーダンス変化
○渡邉貴太,立花和宏, 仁科辰夫,電気化学会第76回大会講演要旨集 (2009).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 有機電解 > 非プロトン性極性溶媒,有機電解液(リチウム電池、EDLC)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

実験方法 > 材料&試 > 合材 > カーボンペースト,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > 合材 > 銀ペースト,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材 > カーボン材料|溶媒,導電助材|電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1トルエンC6H5CH3, = 92.14052 g/mol, (化学種).
(2ジクロロメタンCH2Cl2, = 84.93288 g/mol, (化学種).
(3キシレンC8H10, = 106.1674 g/mol, (化学種).
(4トリクロロエチレンCCl2CHCl, = 131.38894 g/mol, (化学種).
(5エチルベンゼンC6H5CH2CH3, = 106.1674 g/mol, (化学種).
(6無機工業 > 環境と法規制、ISOなど,無機工業化学の関連科目
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).
(7粘度  [Pa・s(パスカル秒)].
(8ゼータ電位  [V(ボルト)].
(9吸着等温線,比率,物質量, (プロット).
(10電気双極子モーメント  [cm(センチメートル)].
(11粒径  [m(メートル)].
(12誘電率  [F/m(ファラッド毎メートル)].
(13接触角  [rad(ラジアン)].
(14漏れ電流  [A(アンペア)].
(15ドデシルベンゼンスルホン酸ソーダ, 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2008).
(16リチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果
○楡木崇仁, 立花和宏, 川口正剛, 米竹孝一郎, 仁科辰夫,第50回電池討論会要旨集 (2009).
(17イオン液体を使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着による活物質のインピーダンス変化
○渡邉貴太,立花和宏, 仁科辰夫,電気化学会第76回大会講演要旨集 (2009).
(18実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 有機電解 > 非プロトン性極性溶媒,有機電解液(リチウム電池、EDLC)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(19実験方法 > 材料&試 > 合材 > カーボンペースト,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(20実験方法 > 材料&試 > 合材 > 銀ペースト,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(21結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材 > カーボン材料|溶媒,導電助材|電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(22 > 有機電解液の溶液化学
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 溶媒&分散媒 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2593'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2593 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-19">2019-11-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2593

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.