HOME 教育状況公表 本日
⇒#11195@シラバス;

電極動作の基礎とスラリーの調整/材料の分散、乾燥条件とインピーダンス測定による評価

2009-3-26  技術情報協会
http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=399


このシラバス10347 科目 として開講されています。


概要

題名電極動作の基礎とスラリー調整材料の分散乾燥条件インピーダンス測定よる評価
主催&Tech
http://ec.techzo…
日時2009年平成22326() 10:3016:00質疑応答含む
会場ミューザ川崎シンフォニーホール 会議2 神奈川川崎市

山形大学大学院 理工学研究 准教授 立花和宏

講演の概要

電池研究開発携わることになったもののいまひとつ進め方が見えてこないそんなときには基礎に立ち返って原理原則見つめてみると新しい気づきがあるかもしれません物理化学基づき電池動作の基礎おさらいし分散塗布乾燥など製造プロセス視点で電池材料見つめ材料評価のための具体的な電気化学手法紹介します

こんな方におすすめです

◎化学が専門で電気が苦手な方
◎電気が専門で化学が苦手な方
◎材料の開発設計者で評価方法広げたい方
リチウムイオン電池の開発設計者で基礎見直したい方
リチウムイオン電池だけでなく電池の測定評価関わる方

セミナーポイント

▽電池の動作原理と電気化学の基礎
▽化学と電気の交わる部分
▽活物質導電助剤集電体電解質溶媒バインダーの役割
スラリーの分散粘度制御における注意点
スラリーの塗布乾燥と電池性能
▽手段としてインピーダンス測定使いこなすには
▽とにかくなんでも相談できる

プログラム

10301200
1 電極構造と特性の理解
 化学と電気の両方習得する必要性
  リチウムイオン電池にとっての化学って? 電気って?
  それらが交わる部分は?
 電気の伝わり方と流れ方
 静電気と動電気ガルバーニ電池
 電極の呼び方プラスマイナス
 直列つなぎと並列つなぎボルタ電堆
 電池と電気分解ファラデー法則
 電気担うものイオンの存在
 電極でできる性能向上のポイント
 リチウムイオン電池の構造と電極の役割
 なぜリチウムイオン電池が求められるのか? その特性に期待するところ
 電極の構造とその構成要素 活物質集電体導電助剤バインダー 

12451415
2 電極スラリーの調整と塗布乾燥と電極動作の理解1)
 電極性能らんだスラリーブレンド塗布乾燥の条件
 スラリー調整と活物質の配合
 活物質の粒径と導電助材の配合
 活物質および導電助材の分散
 スラリーの分散制御と粘度制御
 固体の接触と液体の濡れ
 導電助材の結着と集電体への接着
 乾燥時における分散系バインダー溶剤バインダー違い
 活物質および集電体表面におけるバインダー膨潤イオン泳動
 導電助材表面におけるバインダーよる電子伝導阻害
 乾燥過程における分散媒の除去と導電ーク形成

14301630
3 インピーダンスの測定の基礎とデータ解析の仕方考え方
 インピーダンスとは?
 インピーダンスで何がわかる?
 インピーダンス測定に必要なツール
 電池の起電力と内部抵抗-電気が流れてなくても電圧がある
 なぜ交流分極行うか?-ファラデーの電気分解の法則
 等価回路インピーダンス
 バルクと界面電流集中と接触抵抗
 物性値と特性値断面積表面積
 電気力線電気力管断面積
 拡面処理した電極と接触界面への電流集中
 電池特性支配する律速過程とインピーダンス


関連講義電極構造の理解とスラリー調整インピーダンス測定の基礎,電極構造理解スラリー調整インピーダンス測定の基礎2)
電極構造の理解とスラリー調整インピーダンス測定の基礎3)
卒業研究-電気化学2004,セミナー20094)



 > 第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥,
立花 和宏,電極動作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2010).

 > 電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎,
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > セミナー2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1 > 第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥,
立花 和宏,電極動作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2010).
(2 > 電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎,
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).
(3電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎,,etc,,
立花 和宏,シラバス-, (2010).
(4緒言(C > C1履歴 > 【200 > セミナー2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11195

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.